columnコラム

出典:WEAR

ワンランク上の素敵コーデを。2017秋冬“自分らしくニットを着こなす”ポイント2つ

Twitter
LINEで送る

肌寒さを感じる季節のコーデで主役級に活躍してくれる定番アイテムと言えば“ニット”。手持ちのボトムスと合わせるだけで一気に季節感を纏ったコーデを愉しめます。それでは早速、2017秋冬シーズンにワードローブ入りさせたい“旬ニット”と着こなしのポイントをチェックしてみましょう。

 

 

 

|2017秋冬のトレンドカラーは“マスタード”&“パープル”

 

一気にオシャレ度をアップさせるなら、今季トレンドカラーの“マスタード”“パープル”の2色のニットアイテムに注目してみましょう。

 

 

こちらは立体的なコクーンシルエットと短めの丈で、どんなボトムスとも相性良く女性らしく着こなせる“マスタード”のニットカーデ。

 

出典:WEAR

 

羽織りとしてはもちろん、ボタンを留めてトップスとしても着回しが効くのでコーディネートの幅も広がります。

 

 

自然と女性らしさを引き出してくれる“パープル”のオススメは、首回りがスッキリとしたVネックタイプの適度なボリューム感のあるニットがオススメ。

 

出典:WEAR

 

あえてワイドパンツやマキシスカートなどのボリューム感があるボトムスと合わせて、カジュアルになり過ぎないこなれた印象の着こなしを愉しみましょう。

 

 

 

|ニットカーデは“ゆったりシルエット”が今っぽい

 

肌寒いときにさらっと羽織れるニットカーディガンもマストアイテムの1つですが、今季はざっくりと編まれた“ゆったりシルエット”が人気を集めています。

 

出典:ZOZOTOWN

 

首や袖周りのたっぷりとした余裕感が可愛らしさたラフな着こなしを実現。あえて肩を少し落としめに着たり、肩から掛けて着ればこなれ感もアップします。

 

 

一方、少しゴージャス感を出すなら、毛足が細いシャギーニットタイプがオススメ。

 

出典:WEAR

 

ボリューム感がありながらも上品に着こなせるので、カジュアルなデニムスタイルも大人っぽい印象に。また、ホワイトカラーを選べばほんのりフェミニンさもプラスしてくれますよ。

 

 

 

シンプルな形や定番のブラックやグレーは着回しが効きいて便利ですが、トレンドのカラーやシルエットにこだわった1着をプラスすれば、周りよりも一枚ウワテなコーデを愉しめます。ぜひ今季のニット選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

top image出典:WEAR


border