columnコラム

2018年6月の運勢をあなたの生年月日から診断

あなたの生年月日から診断。気になる“2018年6月の運勢”は?

Twitter
LINEで送る

梅雨の季節となりました。「雨降って地固まる」と言いますが、2018年も折り返し地点。漠然としていることやもやもやしていることなどはここら辺でしっかり固めて下半期に備えていきましょう。
それではあなたの生年月日から導かれる2018年6月の運勢を「YUKI’s風水」の野口由起子がお届けします。

 

生年月日タイプで診断。2016年12月の運勢

※まずはあなたの生年月日から導かれる“タイプ”をこちらからチェックし、その後“運勢”を確認ください※

 

 

☆Lacmoi(ラックモア)☆

 

絶好調のとき。運気の追い風に乗って思うままにアウトプットしていきましょう。来年から控えている停滞期への準備も意識し、「今やるべきことをやる」が何より大切です。先延ばしはオススメできません。

 

 

☆Slivenue(スリヴェニュー)☆

 

順調な運気のときですが、今月は小休止。疲れの出やすいときなので休息時間をたっぷりとって体調管理を意識しましょう。思うように進まないことは無理に動かさず、冷静に来月のタイミングを待つのがよいでしょう。

 

 

☆Salasvan(サラスヴァン)☆

 

物事を決断するのに向いているとき。特に、2度目、3度目の再びのご縁のあるものがよいでしょう。仕事でもプライベートなことでも断ち切れない想いを決心するとリスタートがスムーズにいくときでもあります。

 

 

☆Bloomie(ブルーミー)☆

 

落ち着いて過ごせるときでしょう。悩むことがあっても受け身の運気であることを念頭に周りのせいにせず謙虚に冷静に受け止めてみてください。自身のストレス発散方法を思い出したり、新たに見つけておくとよいでしょう。

 

 

☆Ganarbien(ガナービアン)☆

 

およそ1年ほどの停滞期を抜け、もやが晴れてクリアなときを迎えました。さあ本格的始動のときです!気持ちも新たに前向きにいきましょう。まずは今後の目標をはっきりさせていろんな人にコンタクトをとるようにしてください。

 

 

☆Palansophie(パランソフィー)☆

 

受け身の運気なので何事も譲る気持ちを持って落ち着いていきましょう。すべては自分のこととして受け止めて、たとえ言い訳があっても人のせいにせずユーモアをもって逆転の発想で進んでください。「負けて勝つ」です。

 

 

☆Aulavignon(オーラヴィニョン)☆

 

引き続き現状維持の月です。新しく何かを始めたり決めたりしないほうがよいでしょう。焦らずにときを待ってください。いま大事なのは心も身体も頭も一旦休めて次のチャンスに向けてエネルギーチャージしておくことです。

 

 

☆Parvie(パルヴィー)☆

 

現状維持の月へと入りました。ペースダウンして自発的なことは控えて流れに身を任せていきましょう。何事も緩急が必要です。頑張りすぎずに肩の力を抜いて今は緩めるときと心得てシフトチェンジしてください。

 

 

☆Surlouis(サールイ)☆

 

運気の後押しもあり順調なとき。ここのところきっと物事がスムーズに動き始めていることでしょう。だからこそ何事も早とちりとならないよう慎重に熟考してください。決断するときは初旬から中旬にかけてしておくと特に良さそうです。

 

 

☆Devality(ディヴァリティ)☆

 

仕事やお金にまつわるうまい話に用心すべきとき。どんなに魅力的に聞こえても運気の弱い今は自ら決断したり動いたりすることはオススメできません。今決めるものは縁が薄く、将来長続きする可能性は低いでしょう。

 

 

☆Deviage(デヴィアージュ)☆

 

再びの運気のとき。再び過去のいろんなことが表面にあらわれるときでもあるので、1つずつ真摯に対応しましょう。以前と同じようなことで悩むときには今答えを出そうと考え過ぎずに、まずはいつもの物事の捉え方を変えてみるようにしてください。

 

 

☆Hanuexy(ハヌークシィ)☆

 

気持ちがフワフワとして集中力が散漫になりがちなとき。見間違いもしやすいときなので、周りの方にダブルチェックをお願いすると良いでしょう。このような運気のときは自ら頑張るよりも、周りの力をお借りして乗りきってください。

 

 

あなたの運勢はいかがでしたか? 年運だけではなく、毎月のバイオリズムを意識することであなたらしく輝けます。人生は変化の連続。恐れずに勇気をもって変化を楽しみましょう。<占い:「YUKI’s風水」野口由起子


border