columnコラム

2018秋のトレンド顏が叶う旬のカラーアイテム

出典:DHOLIC

オンナらしさ自然とUP。秋の装いを素敵に演出する“トレンドカラー別”着こなしのコツ

Twitter
LINEで送る

9月に入って少し暑さを感じる日があっても気分はもう秋。今秋トレンドを抑えた着こなしを愉しむためにもしっかりコーデのアップデートを図っていきたいところです。そこで今秋のトレンドカラーにフォーカスして、オンナらしさを自然とUPさせる着こなしのコツをまとめてチェックしてみましょう。

 

 

 

|オンナらしい色気を演出する「パープル」&「ピンク」

 

今秋は自然とオンナっぷりを上げてくれる「パープル」&「ピンク」のアイテムが豊作。通常秋冬というと濃いめのこっくりした色味をイメージしますが、今秋は“淡い色味”にも注目してみましょう。

 

出典:DHOLIC

 

アンバランスな袖がポイントの一捻り効いたデザインのブラウスはシンプルにハイウエストのボトムスにウエストINして着こなすのがオススメ。爽やかな色味なのでボトムスは秋らしく落ち着き感のある色味を合わせるのがお約束です。また、ボトムスの素材やシルエットによってキレイめにもカジュアルにも雰囲気チェンジできるのも魅力です。

 

 

淡い色味のアイテムを選ぶ際は、秋らしく落ち着き感のある色味のアイテムと合わせるのがお約束です。

 

出典:ZOZOTOWN

 

淡いパープルのクロップドパンツに黒のブラウスとパンプスを合わせて上品シックに仕上げたコーデ。秋らしい季節感を演出するためにも、合わせる小物やアクセは温かみを感じる素材を選ぶのもポイントです。

 

 

 

|秋感を自然とUPさせる「アースカラー」

 

今年の春夏も人気だった「アースカラー」は引き続き秋に取り入れるなら“羽織りアイテム”がオススメ。程良い抜け感もありつつきちんと感も演出できます。

 

出典:DHOLIC

 

ハンサムなオーバーサイズのシャツコートは、素材のハリ感と優しげなベージュカラーが洗練された印象を演出してくれる1枚。体型の気になる部分をさりげなくカバーしてくれるのも嬉しいポイントです。また、足元には差し色シューズを合わせてアクセントをプラスすると、一層オンナらしさが引き立ちますよ。

 

 

リラクシーなシルエットでサラッと羽織るだけで大人の落ち着き感をプラスするカーキのカーディガンも魅力的な1枚。

 

出典:DHOLIC

 

腰位置の絶妙な丈感は特にハイウエストボトムスとも好相性ですし、チェック柄やアニマル柄などの旬の柄アイテムと合わせても上品にまとまります。ただし全体の雰囲気が重見えしないよう、インナーは胸元の開いたアイテムや透け感のアイテムなどを合わせて上品な肌見せを心がけましょう。

 

 

 

|永遠の定番「モノトーン」は黒の取り入れ方が鍵

 

絶対外すことのできない永遠の定番とも言うべき「モノトーン」。究極シンプルなカラーコーデだけに、引き締め役のブラックの使い方がポイントになります。

 

出典:DHOLIC

 

特にブラックが効きすぎてしまうと重たい印象に転びやすいので、柔らかな雰囲気の素材感やデザインのブラックのアイテムを選んだり、程良い肌見せをしたりなど柔らかで上品な色っぽさを演出するよう心がけましょう。また、合わせる小物やアクセサリーで抜け感のあるアクセントをプラスするのもオススメですよ。

 

 

 

|今秋も「くすみカラー」は人気間違いなし

 

昨秋も注目された「くすみカラー」のアイテムは今秋も注目のカラー。中でもくすみピンクやくすみイエローはさまざまな雰囲気のコーデにマッチしやすく、ぜひワードローブに1点は入れておきたいところです。

 

出典:DHOLIC

 

今秋トレンドの一捻り効いたデザインのウエストマークトップスもダスティーカラーならそれだけでお洒落な雰囲気に。ハイウエストのスキニーパンツやヒール付のパンプスと合わせてスッキリとしたシルエットに仕上げてオンナっぷりにますます磨きをかけましょう。

 

 

秋らしい風も感じられるようになった今だからこそ、ぜひ参考に今秋トレンドを抑えた【カラー】のアイテムをお買い物リストにしっかり書き加えておいてくださいね。


border