columnコラム

2018秋冬上手に旬アイテムを取り入れるコツ

出典:WEAR

いつものコーデにお洒落アクセントをON。2018秋冬“旬アイテムを上手に取り入れる”3つのコツ

Twitter
LINEで送る

毎シーズン移り変わるファッショントレンドですが、旬アイテムを取り入れようとしても「ハードル高い…」「難しそう…」なんて躊躇してしまうことも少なくないと思います。そこで今回は手持ちアイテムに合わせるだけで高見えな印象をプラスしてくれる旬アイテムを上手に取り入れるコツ3つをチェックしてみましょう。

 

 

 

|ちょっと派手色“パステルピンク”はアウターで愉しむ

 

今季のトレンドカラーと言えば少し派手めな印象の“パステルピンク”。「どうやって合わせれば良いの?」「印象が強すぎる…」なんて躊躇してしまいそうなインパクトが強いカラーだからこそ、あえてアウターやジャケットで取り入れてみてください。

 

出典:WEAR

 

白・黒・グレー・紺・ベージュなどの定番色の上下の上にパステルピンクを羽織れば簡単にイマドキな印象に大変身。モノトーンでまとめても寂しい印象にもならないのが嬉しいポイントです。

 

 

アウターであれば室内では脱いでしまうので、オフィスや学校の服装規定が厳しい方でも“パステルピンク”を充分に愉しめます。

 

出典:WEAR

 

少し派手にも思える色味は素材の質を丸出しにしないので、プチプラアイテムで挑戦するのも一手。脱げば「きちんと感たっぷり」、羽織れば「トレンド感たっぷり」と雰囲気チェンジも叶います。また、アウターに派手色を使うと、驚くほどコーデが組みやすくなるのでオススメですよ。

 

 

 

|大胆な柄アイテムは“ボトムスに持ってくる”のが秘訣

 

見慣れないものがパッと目に飛び込むと、とっさに「似合わない」と思ってしまいがちなので、大胆な柄アイテムを取り入れるのであればボトムスに持ってくるようにしましょう。

 

出典:WEAR

 

大柄なレオパード柄のフレアスカートならハズしでスニーカーを合わせることで今季らしいスポーツMIXテイストのスタイルに仕上がります。また、トップス、バッグ、スニーカーと黒で統一させることで落ち着き感が生まれるので、フェミニンな印象をキープできますよ。

 

 

大柄のチェック柄スカートには少しワイルドなブーツを合わせたコーデも絶妙な大人感を纏えるオススメの組合せです。

 

出典:WEAR

 

チェック柄は子供っぽい印象になりがちですが、ボトムス以外の色味をすべて同系色でまとめてると洗練さが生まれます。また、今季トレンドのベレー帽はチェック柄と相性抜群。ぜひコーデのアクセントとして取り入れてみてくださいね。

 

 

 

|“トップスにアースカラー”で大人のこなれ感をプラス

 

肌に馴染みやすく、落ち着いた印象を与えてくれるアースカラーをトップスに取り入れると、いつものコーデがグッと引き締まり、お洒落感まで一層引き立ちます。

 

出典:WEAR

 

よりシックに仕上げたい時はアウターに黒やベージュなど落ち着き感のある色味のトレンチコートを、より華やかさを出したい時はベリーカラーやフォレストグリーンなどのチェスターコートやノーカラーコートを合わせるのがオススメです。

 

 

少しカジュアルダウンさせたい時は首、手首、足首と3つの「クビ」を出すことでオンナらしさをプラス。全体の色味のトーンとしては落ち着き感がありますが、見える肌面積が広がることでライトな印象を演出できます。

 

出典:WEAR

 

印象コントロールの鍵となるのがパンプス。ヒールを高くするとシックで洗練された印象に、ペタンコにすると一気に親しみやすい印象になるので、シーンに合わせてセレクトしましょう。

 

 

このように「鮮やかカラーはジャケットに」「大胆な柄アイテムはボトムスに」「肌馴染みしやすいアースカラーはトップスに」の3つを覚えておくと格段にコーデを組みやすくなるはずです。ぜひ参考にイマドキ感のある素敵コーデを今季も愉しんでくださいね。


border