columnコラム

2019guで周りと差が付く真夏の旬コーデ

出典:WEAR

シンプルな着こなしで洒落感高めに。【GU】で愉しむ“周りと差が付く”夏の旬コーデ

Twitter
LINEで送る

暑い季節は爽やかに映えるシンプルなコーデが一番。でも、周りと差の付くお洒落感は備えておきたいところです。そこで強い味方にしたいのが、カラー展開もスタイルも豊富な【GU】のアイテムたち。それでは、シンプルながら旬な真夏コーデを叶える着こなしポイントを早速チェックしてみましょう。

 

 

 

|潔くて爽やか!夏を満喫する“オールホワイトコーデ”

 

涼し気で季節感のあるリネンの素材感は真夏コーデにぜひ上手に取り入れたいところ。そこでオススメの着こなしが“オールホワイトコーデ”になります。

 

出典:WEAR

 

こちらは「リネンブレンドワイドパンツSB」をカジュアルにスタイリング。旬な小さめロゴTと合わせてイマドキ感をプラスしてこなれた印象に仕上げています。オールホワイトは間延びして見えないか心配する方もいますが、トップスをインして着こなすことで視線を上に集めればバランス良く着こなせます。インして着るのが苦手な方はショート丈のトップスと合わせたり、ストローハットを合わせたり、髪をアップスタイルにしたりなど、視線を高めに持っていくことを心がけましょう。

 

 

 

|旬カラー“ブラウン”を効かせてトレンド感たっぷりに

 

旬カラーのブラウンを効かせる着こなしも、程良く今感とオンナらしさを演出してくれます。

 

出典:WEAR

 

こちらは襟付きショート丈で羽織りにちょどいい「リネンブレンドオプンカラーシャツ(半袖)」を合わせたコーデ。赤味ブラウンがベージュ系のアイテムと自然に馴染みつつ、コーデにメリハリ感を演出してくれます。リップやシャドウにも濃いめの赤味ブラウンを取り入れれば即トレンドスタイルに。ベージュ系ワントーンコーデにマンネリに感じた時はぜひトライしてみましょう。

 

 

モノトーンやワントーンコーデが周りに多い真夏だからこそ、オンナ度高めでアカ抜けするブラウンコーデも断然も素敵です。

 

出典:WEAR

 

こちらは肌馴染みの良い色味で体型カバーも叶うAラインシルエットの「AラインT(半袖)NC」を合わせたコーデ。一見地味に見えそうなブラウンコーデのときは、ボトムスに柄アイテムを合わせたり、小物に旬なアイテムを合わせたりすることで華やかな雰囲気を演出できます。

 

 

 

|サマーニットは“スモーキーなきれい色”で魅せるが正解

 

サマーニットは真夏に大活躍するアイテムの1つですが、より今感たっぷりに洒落度を高めるなら“スモーキーなきれい色”をセレクトしてみましょう。

 

出典:WEAR

 

こちらはカジュアルに合わせても品良く見せてくれる「ハイネックセーター(ノースリーブ)」を合わせたスタイル。くすみ感のあるラベンダーカラーがシンプルな着こなしをグッとお洒落に比企あげてくれます。また、上品見えするサマーニットなので、バロックパールやY字ネックレスなど秋注目のアクセを先取りして合わせるのもオススメです。

 

 

 

|日焼け対策にも◎ きちんと感カジュアルは“シャツワンピ”で

 

最近は韓国ファッションの影響もあり、夏でも長袖シャツを合わせることが増えましたが、真夏なら7分袖を選んで涼し気な着こなしを愉しみたいところ。

 

出典:WEAR

 

こちらはコーデを問わず取り入れやすいプレーンなデザインの「シアーロングガウン(7分袖)」を合わせたリラクシーなスタイル。シンプルなアイテムなので、ウォッシュデニムやリネン素材のワイドパンツなど軽さの出るボトムと合わせたり、アニマル系のスカーフやパイソン地のミュールなど旬な辛口小物を合わせたりするとお洒落にまとまります。また、7分袖を若干捲ることで洒落感をより高めるのもオススメです。

 

 

お手頃なのに着回し力の高い【GU】のアイテムは涼やかに見せたい真夏コーデも大活躍間違いなし。ぜひ今回紹介した着こなしを参考に、手持ちアイテムを上手に活用しつつ差の付くスタイリングを満喫してくださいね。<text:Chami>


border