beautyビューティー

ダイエットの鍵は“正しい姿勢”にアリ。20kg減量したスタイル美人に学ぶキレイ痩せのコツ

Twitter
LINEで送る

ダイエットというと「毎日の食事管理」と「定期的な運動」が必須なのは常識といってもいいと思いますが、忙しい日々の中できっちりと実践していくことはなかなか困難なもの。ましてや「キレイに痩せたい」となると、固い意志を貫くのはもちろん、しっかりと専門家の指導を受けて行わないとなりません。

 

そんな中で参考にしたいのが、韓国人シンガーのナム・ヤング・ジョー。彼女はデビュー決定後に1年間で20kgの減量に成功して現在もその体型をキープしているのですが、彼女のダイエットの鍵になったのは「厳しめの食事管理」と「定期的な運動」はもちろん、「姿勢を改善すること」が最大のポイントになったそうです。

 

 

 

|正しい姿勢とダイエットの関連性

 

ダイエットという観点において「正しい姿勢」であることから得られる2大メリットは「代謝がUPする」こと、そして「脂肪燃焼が促進される」というものです。

 

「正しい姿勢」をキープすることは背筋の中でも体の内側にあるインナーマッスルを鍛えることにつながり、ひいてはカロリー消費のUPにつながるようになります。また、インナーマッスルは体の内側にあるので鍛えたからといってシルエットに影響出ないのもポイントです。

 

▲インナーマッスルの強化にはストレッチやヨガ、ピラティスなども効果的

 

さらに「正しい姿勢」をキープすることで肺が圧迫から解放されます。脂肪燃焼は酸素と脂肪が細胞内で反応して行われるとされているので、肺が酸素を大きく取り込めるようになれば脂肪燃焼の効率も上がると言われています。

 

普段パソコンを使ったデスクワークやスマホなどの使用によって背中が丸まった前傾姿勢になりがちですが、「正しい姿勢」をキープできる体作りをしていくことによりダイエット効果が表れやすい体質へと変化させていくことで、ダイエット効率のUPへとつなげていきましょう。

 

 

 

|「正しい姿勢」のキープに役立つ簡単ストレッチ

 

それでは最後に「正しい姿勢」のキープに役立つ簡単ストレッチを1つ紹介します。このストレッチは“中臀筋”と“起立筋群”という2つの筋肉の柔軟性キープに役立つもので、骨盤を安定させる効果や猫背を予防する効果を期待できます。<ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>

 

 

(1)床または固めのベッドに足を伸ばして座る

 

_MG_0521

 

 

(2)両脚をクロスさせて体の前で組む

 

_MG_0522

 

 

(3)立てている方の膝を両腕で抱えて胸に引き付け、坐骨をきちんと床に着けたまま上半身を引き上げてゆっくり呼吸をしながら30秒キープする ※左右それぞれ行いましょう

 

_MG_0533

▲キープ時は背中とお尻の筋肉が伸びていることを意識してください

 

 

ストレッチは「この筋肉をほぐす!」と意識をポジティブに向けることで効果が増すとされています。ぜひ寝る前のリラックスをした時間に、体の筋肉を元の位置に戻すようなイメージで実践してみてくださいね。

 


border