special reportスペシャルレポート

21歳モデルがダブルワークを選択した理由

もっと自分磨きして輝きたい!21歳モデルが“ダブルワーク”を選択した理由

Twitter
LINEで送る

海外に出かけたり、海やフェスなどに出かけたりとイベントが目白押しの夏本番。そんな楽しい夏をひときわ輝くために、新しいメイクやファッションに挑戦したり、ダイエットをしたりと“自分磨き”に励む方も少なくないと思います。しかし一方で、最近では夏のこの時期に外見ばかりでなく内面も合わせて磨かれ、さらに効率よく収入が入る“ダブルワーク”をスタートする女性も増えているのだとか。

 

今回はそんなダブルワークをしている女性から、はじめたきっかけや自分自身がどう変わったのかなどを尋ねてみました。

 

21歳モデルがダブルワークを選択した理由

 

 

 

|本当に自分に合うメイクやファッションが見つかった

 

今回お話をうかがったのは、銀座と六本木の高級キャバクラ・クラブ「クラブチックグループ」の「六本木クラブチック」に所属するモデルのユリカさん(21歳)。

 

ダブルワークを始める前はなかなか思うようにモデルの仕事が入らず、雑貨&カフェのお店でのアルバイトで生活していたそう。でも、欲しいコスメやファッションアイテムを思うように買えず、何か新しく勉強を始めることもできず、「自分はモデルとして成功できるのかな?」と漠然と感じていたそう。そして8ヶ月前にユリカさんが思い切って扉を叩いたのが、六本木の高級キャバクラ・クラブでした。

 

21歳モデルがダブルワークを選択した理由

▲ユリカさんが所属する「六本木クラブチック」は数々の映画やドラマの舞台やロケ地となっていることでも知られ、最近では米倉涼子さん主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』や映画『探偵はBARにいる』にも登場している有名店

 

入店した初日、ユリカさんは働いている先輩キャストたちの美意識の高さとオーラに圧倒されたと言います。「1人ひとりが自分に自信を持ち、派手すぎずに品の良い髪型やメイクで、スタイルを美しく見せるドレスの着こなしをしていたのに驚きました」。そして“ワークアウトやエステなどを欠かさない”という先輩キャストの美意識にも「モデルの卵として負けていられない!」と刺激を受けたそうです。

 

そこでユリカさんは入店直後からスタッフや先輩キャストから小まめにアドバイスをもらいながら、似合う髪型、メイク、ファッションスタイルを見つけていったそう。実際、お客様からも「キレイになったね」「どんどん可愛くなるね」と褒められていくたびに自信がさらについていったと言います。

 

 

 

|接客を通して内面を磨くコツ

 

また、現在ではモデルの仕事はもちろん、イベントMCの仕事も順調に増えつつあるユリカさん。大きかったのは「接客を通して、その場を和ませて会話を進めるスキルが身についたこと」なのだそう。

 

21歳モデルがダブルワークを選択した理由

 

「特にお客様は一流企業に勤めるビジネスマンや会社経営者の方が多いので、簡単にですがビジネスや一般的な経済の話題を予習しています」と語るユリカさんは、お客様との会話が勉強になるし、楽しくて日々ニュースをチェックするのが日課なのだとか。

 

そして現在では「海外でモデルの仕事にチャレンジしたい」という夢を抱くユリカさん。特にお客様から海外でのビジネスの話を聞くことがとても愉しく、さらに夢の実現に向けて英語の勉強も3ヶ月前から始めたそうです。

 

 

 

|ダブルワークでの収入の50%を自己投資

 

「六本木クラブチック」で働くことによって環境が変わり、関わる人が増えて新しい刺激や夢を見つけていき、外見だけでなく内面も磨かれてきたユリカさん。現在は「ダブルワークで得た収入のうち、50%を自分磨きに使う」というルールを作って、欲しいコスメやファッションアイテムを購入したり、行ってみたいイベントに参加したり、海外旅行でいろいろな世界に触れ知識や感動を得ているとのこと。

 

 

そしてユリカさんは収入の50%を自分磨きに使っていても「こうやって働くことは今しかできないから…」と貯金もきちんとしているそうです。21歳なのにしっかりしていますよね?! まさにダブルワークが自分磨きに一番大切な「自分をもっと高めたい」と感じるきっかけになったと言えそうです。

 

ちなみにユリカさんが働く高級キャバクラ・クラブ「クラブチックグループ」では1日体験入店もできるそう。“ダブルワーク”に興味のある方は、まずは自分自身で華やかな世界を肌で体感してみるのも良いかも知れませんね。<問:『六本木クラブチック』 http://www.chick.co.jp/roppongi/


border