dietダイエット

twiceジヒョが実践で話題バンシクダイエット

「リバウンド知らず」と評判。TWICEジヒョが実践で話題【バンシクダイエット】って?

Twitter
LINEで送る

運動も食事もきちんと管理していくことがダイエットの正攻法ですが、努力を重ねてダイエット目標を達成できたのなら、その後も体型をキープしていきたいものです。そこで参考にしたいのが過去には約15kgものダイエットに成功し、その後もリバウンドなくスリムな体型をキープしているTWICEのリーダー・ジヒョ。

 

出典:instagram

 

その秘密はジヒョが実践した【バンシクダイエット】にあると言われているのですが、今回はこのダイエット法について紹介します。

 

 

 

|リバウンド知らず?! バンシクダイエットとは?

 

この【バンシクダイエット】を簡単に説明すると、単純に「いつもの食事量を半分に減らす」というものになり、“食事量”を調整するだけなので「お金もかからない」、さらには「リバウンドしにくい体になれる」ということで話題を呼んでいます。また、食事量に気をつけてさえいれば「食べてはいけないものがない」というのも魅力です。それでは具体的な実践法をチェックしてみましょう。

 

 

■ファーストステップ(スタートから3ヶ月間)

 

ファーストステップ(開始から3ヶ月間)のルールは下記6つ。適度な運動と並行して行っていきます。

 

(1)ダイエット開始日は断食する

(2)翌日からいつもの食事量の半分を3食必ず食べる(ただし、朝・昼・夜の食事量は1:1:1)

(3)味付けは塩分を控えた薄味を心がける

(4)1日に約2リットルの水を飲む

(5)カルシウムを積極的に摂る(目安は1日あたり牛乳250ml分)

(6)生野菜を毎日3種類食べる

 

なお、おやつやフルーツは食事の後であれば食べてOKですが、これも量は半分にします。この内容を3ヶ月続ければかなりの減量につながっているはずですが、大切なのは続くセカンドステップ。ここで油断したり、止めてしまったりすると「リバウンドへ一直線!」なのだとか…。

 

 

■セカンドステップ(4ヶ月目から3ヶ月間)

 

ファーストステップで余計な脂肪と体重が落ちたところで、運動量を徐々に増やしていきます。また、この頃になると胃が小さくなって少量の食事で満足感が得られるので、“食事量については腹八分目”を意識しつつ、薄味、水分補給、カルシウム補給、生野菜を3種摂取というファーストステップのルールを守っていきます。これを乗り越えると「リバウンドすることなく体重キープが叶う」のだそうです。

 

 

ジヒョが実施していたということで話題となったこの【バンシクダイエット】は食事量に気をつけて、カルシウムと生野菜を積極的に摂ることを意識するのがポイントなので“実施しやすい”と言われていますが、もともと肥満治療プログラムとして考案された食餌療法ということもあり、基本的には“標準体重を上回る方の実践”が推奨されています。

 

ですから、ジヒョが実践した内容そのままを実施するよりも“普段の食生活の見直しの指標”にして、食事量をいつもの2/3ほどに抑えたり、カルシウムと生野菜を積極的に摂取したり、お水をたくさん飲むようにしたりといった習慣づけから試してみるのが賢明と言えそうです。ぜひ参考にしてみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border