columnコラム

zaraで愉しむ大人のスウェットコーデ

出典:WEAR

きちんと感のある着こなしも◎ 最愛ブランド【ZARA】で愉しむ大人のスウェットコーデ

Twitter
LINEで送る

スウェットアイテムが豊作な今冬、コーデに取りれやすいという理由からワードローブの主力アイテムになっている方も少なくないと思います。ただし、1つ間違えると大人感が損なわれてしまうことも。そこで今回は大人の最愛ブランド【ZARA】のスウェットアイテムにフォーカスして、大人っぽくオンナらしく着こなすコツをチェックしていきましょう。

 

 

 

|大人カジュアルにキメるなら今旬“ベージュカラー”のスウェットで

 

大人カジュアルな装いを愉しむならベージュのスウェットを投入するのが正解。ゆったりトップスと細身ボトムスの王道シルエットで余裕たっぷりに仕上げましょう。

 

出典:WEAR

 

さらにオンナらしさをプラスしたいときは、ヒールのあるシューズや華奢見えするチェーンバックなど小物をチェンジするのが◎ また、アイメイクとリップはあえて深めの色をチョイスして色っぽさを演出するとカジュアルなのに華やかな印象にまとまります。

 

 

一方、トレンドアイテムを1点投入するだけでも今感たっぷりの大人カジュアルな装いを愉しめます。

 

出典:WEAR

 

ここ数年人気のシースルー素材のミニバックとスリット入りのレギンスをアクセントに取り入れるだけで、重たさを感じさせないスッキリとした雰囲気に。なお、引き続き人気のブランドのロゴバックを合わせるのも素敵です。

 

 

 

|ロングコートを合わせてきちんと感をプラス

 

フード付きのスウェットパーカーはよりカジュアルな雰囲気になってしまいがちですが、ロングコートを合わせることできれいめカジュアルにシフトチェンジできます。

 

出典:WEAR

 

あとは、トレンドの小さめサイズのウエストポーチとつっかけタイプのスリッポンを投入するだけで一気に旬な着こなしに。特につっかけタイプのサンダルやスリッポンは2019春夏も注目されているアイテムなので先取りしておきましょう。

 

 

こちらは黒のスウェットパーカーを着こなしたスタイルですが、トレンチコートとともに花柄のスカートを投入するだけで一気にレディライクな雰囲気に。コート以外をブラックカラーを統一していることが甘すぎない印象に仕上げるポイントになります。

 

出典:WEAR

 

ブラックで統一していても、合わせたワンピースの素材をツヤ感のあるものにするだけでロング×ロングの合わせでも軽快な印象に。スウェットをもたつかせないためにも、素材感の異なるアイテムとの組合せを大事にしたいところです。

 

 

 

|グレーのスウェットはレディな着こなしでセンスの良さをアピール

 

意外とセンスが問われるグレーのスウェットアイテムですが、甘めカジュアルに仕上げるならロングスカートに合わせるのが◎

出典:WEAR

 

また、華奢なアクセやガーリーな小物もプラスすると一気にレディなムードが高まります。なお、メイクはラメ感をほのかに醸してフレッシュな印象に仕上げましょう。

 

 

スウェットは定番とも言うべきベーシックなアイテムだからこそ、毎日のコーデに変化が欲しいところですから、ぜひ着こなしの参考にしてみてください。それでも「カジュアルすぎる」と感じるときは、いつもよりメイクを濃いめに仕上げてオンナ度をアピールするとレディにまとまるのでトライしてみてくださいね。<text:Chami>


border