columnコラム

出典:DHOLIC

“着ぶくれナシ”でキレイにまとまる。【ZARA】&【DHOLIC】で愉しむ冬のきちんと感コーデ

Twitter
LINEで送る

トレンド感たっぷりでお手頃な価格設定も魅力の【ZARA】&【DHOLIC】。2ブランドともに温かみときちんと感のある冬アイテムが充実していますが、今季のニットやコートはオーバーサイズがトレンドのため、どうしてもモコモコ感や着ぶくれが心配という方は少なくないと思います。そこで今回はスタイルアップはもちろん、きちんとキレイにまとめる冬コーデのコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|メリハリを演出する“ウエストIN”or“ウエストマーク”で美シルエットに

 

インナーを“ウエストIN”したり、ベルトで“ウエストマーク”したりすることで、オーバーサイズのコーデにメリハリ感をONすると、スタイルアップ効果だけでなくオフィスにも似合うきちんと感の演出も叶います。

 

 

出典:WEAR

 

たっぷりの生地感によるシルエットが素敵なZARAのグレンチェック柄コートはきちんと感のある1枚ですが、ただ羽織るだけだとシルエットが膨張してしまうおそれがあります。そこでオススメの着こなしが引き締め効果抜群のタイトな黒インナーをウエストINしてくびれ感をプラスしつつ、コートからのぞくボリューム感のあるフレアスカートでAラインを演出すること。それだけでオンナらしい柔らかなシルエットになり、脚長効果も得られます。

 

 

ウエストマークすると「下腹が気になる…」という方にオススメなのが、お尻くらいまで隠れるくらいの長めの丈感のZARAの白ニット。

 

出典:WEAR

 

ベルトでウエストマークしても、出したままの裾で気になる下腹を隠しながらくびれ感を演出。また、細長いペンシルスカートを合わせれば、ニットのゆとりとの対比効果で華奢見えも叶います。また、トレンド感も引き立てるなら、足元はスカートの裾から脚を見せないようにブーツを合わせましょう。

 

 

また、フレアスカートの切り替えデザインを活用してウエストマークするのもオススメです。

 

 

出典:WEAR

 

そこで取り入れたいのが、タイトながらAラインのシルエットで気になるお尻周りや太ももをカバーできるZARAのプリーツスカート。タートルネックセーターをスカートにINするだけでウエストマークでき、くびれ感や上半身の細さを強調できます。また、脱いだ時とのギャップでより華奢感が高めるため、ゆったりしたオーバーサイズのコートやジャケットを合わせると◎です。

 

 

 

|ニット特有のゆったり感は“ブラウジング”で微調整

 

ゆったりしたシルエットのニットは裾をブラウジングしてシルエットをコントロールしましょう。

 

 

出典:WEAR

 

ざっくりした編み目とライン配色、そしてビッグシルエットが可愛いDHOLICのケーブルニットはハイウエストパンツの高い位置にあるウエストラインに合わせてブラウジングすると、縦長ラインと腰の高さを強調できます。特に身長の低い方や高身長を際立たせたい方にオススメの着こなしです。

 

 

実はオンナらしいシルエットを強調することも着ぶくれしないコツになります。

 

 

出典:WEAR

 

こちらはDHOLICのゆったりしたグリーンのニットとボディコンシャスなニットスカートを合わせたコーデ。ニットの裾をハイウエストの位置でブラウジングすることでふっくらしたラインを打ち止めし、上半身と下半身のラインを同化させることで全体的に華奢シルエットを演出します。特に二の腕や胴回りが実際よりも細見えするのが嬉しいポイント。ただし、全体的にふんわりとしたコーデなので、アウターはチェスターコートのようなかっちりしたデザインを合わせて全体の印象を引き締めましょう。

 

 

きちんと感もありつつ、スタイルアップして見せるにはシルエットにメリハリ感を演出することが特に重要です。ぜひ今回紹介したテクを活用して、着ぶくれの心配無用の冬らしいきちんと感コーデを愉しんでくださいね。


border