hairヘア

【長さ別】ワッフルヘアのアレンジ18選|コテやアイロンを使う簡単なやり方は?

Twitter
LINEで送る

今シーズン大注目のワッフルヘアは波ウェーブとも呼ばれるふわふわのウェーブが大人可愛いヘアスタイル。誰もが採り入れやすい髪型です。ヘアスタイルを変えたいけど迷っているという方は、まずはワッフルヘアを検討するのはいかがでしょうか? それでは採り入れ方を簡単にウェーブが作れる方法と合わせて解説します。

 

 

 

ワッフルヘアとは?

 

ワッフルヘアは’90年代に流行したパーマスタイルのことですが、また最近になって話題になってきています。ただし、’90年代のように細かなウェーブではなく、ふわふわと大きな波のようなウェーブというのが異なる点です。

 

出典:HAIR

 

ワッフルヘアは、ショートヘアからロングヘアまで髪の長さを選びません。どんな長さでも、可愛くふわふわのパーマを楽しめるので、特に髪のボリュームが少なさが気になる方におすすめ。パーマでボリューム感を容易にコントロールできます。

 

 

 

ワッフルヘアの特徴3つ

 

ワッフルヘアはふわふわと波うったウェーブが特徴で波ウェーブとも呼ばれるスタイル。実は美容室でパーマをかけなくても自分で簡単にウエーブを作れるのも特徴です。ウエーブを活かしたヘアアレンジも簡単に楽しめます。

 

出典:HAIR

 

即いつもと雰囲気も変わるので、気分転換にも最適。髪の長さを選ばず楽しめるのも嬉しいポイントです。

 

 

ワッフルヘアの特徴1:パーマをかけなくてもOK

 

美容室に行ってパーマをかけなくても、自分でスタイリングだけで簡単に再現できるのがワッフルヘアの魅力です。今は、ワッフルヘアアイロンも様々な種類が市販されています。アイロンは不器用だから上手に使いこなす自信がないという方は、三つ編みでウェーブを作る方法もおすすめ。寝る前に三つ編みをするだけでワッフルヘアのベースができます。逆に、使い慣れているという方は、コテやヘアアイロンで波ウェーブを作りましょう。

 

 

ワッフルヘアの特徴2:アレンジしやすい

 

ワッフルヘアにするだけで毛先に遊びを出しやすくなります。単純に一束に結ぶだけでも、こなれた印象に仕上がるのです。より一層お洒落に見せたい時は少し後れ毛をたらすだけでもOK。また、髪の短い方はハーフアップアレンジがおすすめです。また、暗髪と明るい髪色ではまったく印象がかわり、ポイントカラーなど様々なアレンジも楽しめるのも魅力と言えるでしょう。

 

 

ワッフルヘアの特徴3:いつもと違う雰囲気が出せる

 

いつものおしゃれをワンランク上にしてくれるのもワッフルヘアのいいところ。アップやハーフアップにアレンジするだけでも、ふわふわとしたカールが雰囲気を変えてくれます。結婚式のお呼ばれや、パーティーに出席する時のヘアアレンジに最適です。また、ワッフルヘアに横流しなどのアレンジをすると大人っぽさも増すので、ふんわりウェーブで大人のアカ抜け感を演出できます。

 

 

 

【長さ別】ワッフルヘアのアレンジ18選

 

どんな長さの髪にも似合うワッフルヘアですが、長さ別にヘアアレンジテクを見てみましょう。同じショートやロングヘアでも、アレンジの仕方によって、違う雰囲気が演出できます。また、髪の毛の流し方や前髪の工夫で違いを生み出すのもポイントです。

 

出典:HAIR

 

また、ヘアカラーを変えたり、エクステを採り入れたりするだけでも全く異なる雰囲気に。可愛いガーリーなものから、クールで大人っぽいヘアスタイルまで幅広く楽しめます。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ1:ふわふわショート

 

柔らかい印象を与えるふわふわショートですが、トップやサイドにボリュームを出すことが可愛さの秘訣です。明るめの髪色でより軽やかな印象になりますし、暗髪なら髪に動きを強調できます。ただし、ショートヘアはウェーブでボリュームが出やすいので、髪が広がりやすい方は押さえるのが必須。サイドの髪を耳にかけたり、、スタイリング剤を使ってウエット感を出したりとボリュームダウンを図りつつ可愛く仕上げましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ2:部分ワッフルショート

 

ショートヘアは、ワッフルカール用のヘアアイロンを使用するのは長さが足りませんが、コテを使って外ハネ、内巻きを組み合わることで波ウェーブを作れます。ただし、ショートヘアで全体にウェーブを付けてしまうとボリュームが出やすくなるので、毛先や表面の髪だけにウェーブを作って軽やかに仕上げましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ3:フェミニンショート

 

クルクルと少し強めにワッフルカールをかければオンナらしく仕上がります。前髪を眉上まで短くカットすれば目元が強調されるので、より可愛らしい印象に。また、全体をゆるめのウェーブにして、前髪をふんわり流すのもおすすめです。また、ピンク系やパープル系のヘアカラーを合わせるのも一手。フェミニンで甘い雰囲気を目指している方は採り入れてみましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ4:大人ショート

 

ショートヘアはウェーブのラインが出やすく、ふわっとボリュームも出るので、髪の毛を流したり、前髪をかき上げるようにして大人感を与えてみましょう。なお、ボリュームが出過ぎる方は、耳にかけたりスタイリング剤でウエットに仕上げたりするなど一工夫をすれOK。また、8:2で分け目をつけて全体を流すとクールでかっこよく仕上がります。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ5:ショートのカラーアレンジ

 

軽やかな印象になるワッフルショートですが、明るめのヘアカラーを合わせるとより華やかな印象になります。特にブラウン系やベージュ系がおすすめ。また、外国人風スタイルも目指せるグラデーションカラーも人気です。さらに最近流行のインナーカラーもとてもよく似合います。内側の襟足にポイントで入れておしゃれ感を高めましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ6:ふわふわボブ

 

軽やかで女らしいふわふわボブですが、決め手となるのが前髪のスタイルです。前髪をかき分けて流せばクールに、前髪を斜めに流せば柔らかい印象になります。同じふわふわボブでも前髪アレンジで印象変化を楽しみましょう。また、明るめのヘアカラーを合わせて、よりふわふわ感を強調するのもおすすめですし、毛先を外ハネにするのか、内巻きにするのかでも、まったく異なる印象に仕上がります。日によってウェーブの仕方を変えて印象も気分も上手に転換してみてください。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ7:部分ワッフルボブ

 

毛先を中心に波ウェーブをかけたワッフルヘアもおすすめ。毛先の動きを強調できるので、華やかな印象に仕上がります。耳上ラインからウェーブをかけることでボリューム感を押さえるのがポイントです。ただし、ボブの方は髪の毛が収まりにくく全体にウェーブをかけるとボリュームが出すぎてしまいやすいので、毛先や表面など部分的にウェーブをかけるようにしましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ8:センター分けボブ

 

前髪を作らずに耳上からウエーブをかけるワッフルヘアもおすすめ。ヘアワックスを馴染ませてウエット感を出すことで大人っぽく、セクシーな印象に仕上がります。ワッフルヘアにしてみたいけど、甘い雰囲気は苦手という方こそトライしたいスタイルです。一方、ガーリーで可愛らしい雰囲気を醸したいならしっかりめにウェーブをつけて毛先を無造作に遊ばせつつ明るめのヘアカラーを合わせてみましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ9:横流しボブ

 

前髪を横流しにしたワッフルヘアも魅力的です。前髪を流すのはドライヤーやコテで簡単にできます。ドライヤーの場合は前髪を8:2に分けてドライヤーで根元を立ち上げ、立ち上げた部分にハードスプレーをかけるだけでOK。一方、コテを使用する場合は前髪を軽くコテで巻き、その後ふんわりと横に流します。なお、ワックスなどで流した前髪の毛先を束ねておくのがポイントです。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ10:ふわふわミディアム

 

髪の毛を伸ばしている途中の方や重たい印象になってしまう方におすすめのスタイルです。ミディアムヘアは毛先が肩にあたるためはねやすいですが、ウェーブをかけることで気にならなくなります。特に髪の量が多い方は重たい印象になりがち。ワッフルヘアで毛先に動きを出すことで、軽やかな印象を醸しましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ11:部分ワッフルミディアム

 

ミディアムヘアの毛先にだけワッフルパーマをかけたり、コテで無造作に波ウェーブを作ったりするだけで、お出かけ前のセット時間の短縮につながります。いつもの髪型に飽きてしまったときや、少し気分転換をしたいときにもおすすめ。毛先をカールするだけなのでとても簡単なのにグッとフェミニンな印象に仕上がります。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ12:ゆるウェーブセミロング

 

甘い女性らしい雰囲気を作り出すワッフルヘアですが、セミロングでも可愛く仕上がります。ゆるい波ウェーブはふんわりと軽やかに仕上がります。黒髪で重たく見えがちな方にもおすすめのアレンジです。なお、明るめのヘアカラーの方は、より柔らかい印象に仕上がります。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ13:部分ワッフルセミロング

 

セミロングに部分的にワッフルを入れたスタイルは今流行のインナーカラーと好相性。毛先だけゆるくウェーブをかけて、内側にポイントとなる明るいカラーを入れるのがポイントです。チラッと見えるポイントカラーが可愛く、アップにしたときもおしゃれ感が増します。なお、学校や仕事の関係でポイントカラーは難しいならエクステを使用するのもおすすめです。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ14:センター分けロング

 

ガーリーな雰囲気に仕上げたい方におすすめなのが、センター分けロングに波ウェーブを採り入れたスタイルです。全体をウェーブにしなくても、顔周りだけをふわふわにだけのも可愛く仕上がります。時間がないときの時短スタイリングとしても活用してみましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ15:ゆるウェーブロング

 

ワッフルヘアのゆるいウェーブは、ロングヘアにぴったり。ただし、コテで波ウェーブを作るときは少しコツが必要です。強く巻きすぎるとただの巻き髪になってしまうので、軽くクセ付けすることを意識しつつ、外巻きと内巻きを組み合わせてウェーブを作っていきましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ16:横流し前髪のアレンジ

 

前髪を横に流すスタイルは女性らしさを一層際立たせてくれます。ピンを使って流す簡単な方法から、ヘアアイロンを使う方法までやり方は様々。ピンで留めて前髪を留める方法はこめかみの位置でピンを留め、前髪を少し引き出してふんわりさせるだけでOKです。一方、ヘアアイロンを使うとき(ストレートアイロンでもコテでもOK)は前髪の中央をゆるめに巻きましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ17:かきあげ前髪のアレンジ

 

ふわふわのワッフルヘアはガーリーな雰囲気が出がちですが、前髪をかき上げると大人なクールな印象に仕上がります。ロングからショートヘアまで、前髪かき上げアレンジはどの髪の長さでもぴったり。甘すぎるスタイルは苦手という方におすすめです。大人っぽいこなれ感でできる女を演出しましょう。

 

 

ワッフルヘアのアレンジ18:眉上前髪のアレンジ

 

眉上に前髪をカットすると「子供っぽくなりそう」と心配になりますが、一工夫するだけで大人っぽいアレンジが可能です。ポイントは前髪にもふんわりとした動きを付けること。たったそれだけで、全体のふわふわのウェーブと相まって顔周りを明るく見せてくれます。マンネリヘアからイメチェンしたい方にもおすすめのアレンジテクです。

 

 

 

簡単にできるワッフルヘアの作り方4つ

 

 

アレンジも豊富で雰囲気を一気に変えてくれるワッフルヘアですが、パーマをかけずとも簡単にスタイリングできます。

 

出典:HAIR

 

ワッフルヘアアイロンを使う方法から、子供の髪の毛にも安心な三つ編みを使ったウェーブの作り方まで、様々なやり方を紹介します。ぜひ参考にヘアアレンジを楽しんでみてください。

 

 

ワッフルヘアの作り方1:三つ編みで作る

 

もっとも簡単にワッフルヘアができるのは三つ編みを使った方法です。夜寝る前に髪の毛を三つ編みしてそのまま寝るだけでOK。朝には、程よく波ウェーブのベースができあがっています。また、突然思いついて波ウェーブを作りたいときは、きつめに三つ編みを編み、その上にストレートアイロンをかけましょう。温まったら完成です。

 

 

ワッフルヘアの作り方2:コテで作る

 

コテは内巻や外巻きのイメージが強いと思いますが、使い方を工夫すればワッフルヘアも作れます。作り方は髪の毛を少なめにつまみ、つまんだ髪の毛を外側にクルクルねじって内巻きカールを作るようにコテで巻くだけ。この手順を繰り返します。

 

 

ワッフルヘアの作り方3:ストレートアイロンで作る

 

髪の毛全体に作ったカールをキープしやすくなるようなスタイリング剤をなじませておいて、髪の毛を表面と内側二つのブロックに分け、内側の髪の毛先を外ハネさせるようにアイロンでクセを付けていくだけでOKです。内側の髪全体の毛先に同じ工程を繰り返しましょう。最後に表面の髪を下ろして少しずつ毛束を取って波打つようにアイロンをかけて仕上げます。アイロンを内側、外側と順番に繰り返すのがポイントです。

 

 

ワッフルヘアの作り方4:ウェーブアイロンで作る

 

市販のワッフルアイロンを使用すると、とても簡単に波ウェーブを作れます。ウェーブの作り方は、ストレートアイロンをかけるときと同様。熱が伝わりやすい量の髪の毛をつかみ、後はワッフルアイロンに挟んでクセが付くまで待つだけでOKです。これを髪全体に繰り返します。

 

 

 

ワッフルヘアを取り入れよう

 

ワッフルヘアは、どんな髪色、髪の長さでもアレンジできますし、美容室でなくても自宅で簡単に仕上げることができます。

 

出典:HAIR

 

お洒落をしたいときや、気分転換をしたいときに取り入れてみてください。いつもの髪型が、ワンランク上の可愛さに変身します。また、結婚式のお呼ばれなど、フォーマルでも大活躍。特に三つ編みを使う方法は安全なので、子供さんのアレンジに取り入れるのもおすすめです。<top image出典:HAIR


border