beautyビューティー

脂肪の付きやすいお腹&太ももに効く!巡りの良い【しなやか細ボディ】に導く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

脂肪が付きやすい太ももやお腹周りは油断するとすぐにおデブな印象へ一直線。軽やかな印象のしなやかな体をキープしていくためにも小まめなケアが大切です。そこで習慣に採り入れたいのが、太もも&お腹周りの引き締め効果と共に代謝UP効果を期待できるヨガの簡単ポーズ【ヒバリのポーズ】になります。

 

 

 

【ヒバリのポーズ】

 

 

(1)四つん這いの姿勢から右脚を体の前方に出し、左脚を後方に開く

 

(2)前に出した右脚のひざを直角にキープしたまま左脚をひざとつま先で支える

 

(3)胸の前で合掌し、そのまま腕を真っ直ぐ頭上に引き上げてゆっくり1呼吸(約10秒間)キープする

 

(4)両腕を開きながら顔を斜め上に向け、しっかりと胸を開いたところでゆっくり2呼吸(約20秒間)キープして(1)の姿勢に戻る

 

 

続けて脚を変えて同様に行います。なお、期待した効果をしっかり得るためには、ポーズのキープ時に「前方に出した脚の膝を直角にキープする」こと、「骨盤を真っ直ぐ立てた状態をキープし、後ろに引いた脚の太ももを伸ばす」ことの2つがポイント。前方に出した脚のひざを曲げすぎた状態(下写真)で行うと後ろ脚がしっかり伸びないだけでなく、膝が抜けることもあるので注意して実践してください。

 

▲前に出した脚のひざを曲げすぎてしまうのはNG。直角をキープしましょう

 

脚を前後に大きく開くポーズは骨盤の歪みを予防し、体幹を強化することにもつながるので代謝UPに効果を期待できます。ぜひ習慣化して、巡りの良いしなやかな細ボディに整えていきましょうね。<photo:カトウキギ ヨガ監修:YUKIE(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴4年/トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border