dietダイエット

体重3kg減を目標に採り入れたい!トレーナー推奨の【簡単ダイエット習慣】3つ

Twitter
LINEで送る

常にキレイな体型をキープしている女性を見るたびに憧れを抱く反面、「でも自分は…」とネガティブな気持ちになってしまった経験を持つ方は少なくないと思います。そこで参考にしたいのが、そんな女性たちが普段どんなことを心がけているかということ。それでは以前“体が変わるダイエット”を紹介してくれたパーソナルトレーナーのマキさん(25歳)が推奨する3つの簡単ダイエット習慣をチェックしてみましょう。

 

 

 

(1)自分の“ベスト体重”を見つける

 

ダイエットとなると、つい体重を減らすことばかりに集中してしまうものですが、「体重が絶対条件ではない」とマキさん。まず着手するべきは「自分の“ベスト体重”を見つけること」とのことです。

 

 

マキさんによれば、「ベスト体重は自分自身の体型の長所や短所、年齢、骨格、筋肉の付き方、ライフスタイルなどを考慮した上で、ボディラインが一番キレイに見える体重から導くべき」とのこと。ジムに通っている方であれば担当のトレーナーの方に相談してみましょう。また、マキさんによると「自分自身が“最高にイケていた”と時の体型や体重を指標にしてみるのもおすすめ」とのことです。

 

 

 

(2)食事と食事の“間隔をたっぷり”取る

 

ダイエットする上でヘルシーな食生活を送ることは鉄則ですが、特に気をつけたいポイントとしてマキさんが挙げたのが「食事と食事の間隔」。摂取した食事を消化する時間をきちんととることで「脂肪燃焼の促進が期待でき、消化器官をリラックスさせることにもつながる」そうです。

 

 

特に大切なのが前日の夕食から翌朝の朝食までの時間だそうで、「できれば12時間以上空けるのが理想」とのこと(夜20時前に夕食を終えたら、翌日の朝食は朝8時以降)。ただし、無理して毎日行うのは心身にかえって負担をかけてしまうこともあるので、無理のないところから始めてみるのがベターです。

 

 

 

(3)運動は“効率の良さを追求”する

 

ダイエットのためには運動は欠かせない要素ですが、運動が得意不得意に関係なく習慣化するのはなかなか難しいもの。そこでマキさんがポイントとして挙げるのが「効率良さを追求すること」になります。

 

 

「まず取り組みたいのが体幹を鍛えること」とマキさん。それだけで「痩せやすい体に変わっていく」と言います。特にマキさんがおすすめしてくれたのが、呼吸と動作を連動させて行う「ピラティス」。自分の体重を負荷にして行ういくつかのポーズを覚えておけば、体に過度な負担をかけることなく無理なく行えるので「習慣化させやすい」そうです。

 

 

このように自分自身の体重への向き合い方、そして食生活や運動の習慣を少し見直すことがダイエットにおいて大切ということがわかります。ぜひ参考にして、ダイエットや体型キープに役立てていきましょうね。


border