dietダイエット

痩せにくい“お腹周り”を引き締める! ヒラリー・ダフに学ぶエクササイズの秘訣

Twitter
LINEで送る

2012年に長男を出産し、ゆっくりと時間をかけて妊娠前のボディラインに戻したヒラリー・ダフ。今では真っ平らなお腹に戻した彼女ですが、その秘訣として「痩せるための鍵、特に頑固な産後のボディには、運動を常に進化させることが必要よ」と語っています。

 

onaka_diet_hiketsu_01

出典:instagram

 

そんなヒラリーが行っていたエクササイズは、ゆったりとした動きの「ピラティス」と、「縄跳び、ランニング、ボクシングを3分間行った後、1分間の休憩を挟んで、傾斜のある坂を駆け上る」という激しい有酸素運動を組み合わせたものだったそうです。

 

なかなか痩せにくい“お腹周り”は、「ゆったりした動きの運動」と「激しい有酸素運動」を組み合わせることが効果的ということですね。(出典:ヒラリー・ダフのダイエットテクで、痩せにくいお腹周りがぺったんこ!

 

 

 

でも、私たちが日常生活の中でヒラリーのように計画的なトレーニングを継続するというのは現実的ではないのも事実。そこで今回はダイエットコーチのEICOさんが教えてくれた、痩せにくい“お腹周り”をはじめ、胸・前ももなど身体の前側の筋肉に効く簡単エクササイズを紹介します。

 

 

 

|ダックスフンド・トレーニング

 

 

(1)床に左右のひじ、ひざを付けた姿勢で、ひじを直角に曲げてスタンバイ。視線は床に向ける

 

 

eico_ducks_01

 

 

(2)頭から足まで1枚の板になったつもりで、足を一直線に伸ばして20秒キープ。腰を痛めないよう、着地するときはお腹からではなく、膝から。これを3セット行う。

 

eico_ducks_02

 

*床の上にヨガマットを敷いて行うのがベストですが、ヨガマットが手元にない場合はベッドや布団の上で行ってもOKです

 

 

 

簡単そうに見えてやってみると“意外とキツい”このエクササイズ。自分の体重を負荷にするので、キツく感じる方は“体重が重すぎる”ということかも!?

 

このエクササイズは「ゆったりした動きの運動」ですので、ジョギングなどの「有酸素運動」と組み合わせて、気になる“お腹周り”を引き締めていきましょう♪

 

 

top image:amanaimages cooperation:CELESY編集部


border