dietダイエット

減量&体型キープにお役立ち◎ カロリーだけに縛られない【プチ断食ダイエット】のコツ

Twitter
LINEで送る

体重や体型が気になるあまり、「常に頭の中はカロリー計算でフル稼動…」という方は少なくないと思います。でも、カロリーのことばかり気にしているとかえってストレスが溜まってしまい過食につながってしまうことも。そこで採り入れてみたいダイエット法が「安全で効果も高い」と言われている「プチ断食(インターミッテント・ファスティング)」になります。

 

 

 

|「5:2ダイエット」のメリット

 

プチ断食ダイエットのやり方は様々ありますが、忙しい毎日を過ごす方にピッタリとされているのが、海外セレブも多く採り入れている「5:2ダイエット」です。このダイエット法を簡単に説明すると、1週間のうち5日間は栄養のバランスに注意して“普段通りの食事”(もちろん暴飲暴食はNG)をして、2日間は“普段の1/4程度のカロリー(男性:約600kcal、女性:約500kcal)”の摂取に抑えるというものになります。あとは、

 

(1)5日間の食事は、高タンパクで低GIの食品(肉類、魚類、野菜、きのこ類、大豆製品など)を中心にし、なるべく炭水化物の摂取は控える

 

(2)1週間のうち2日間のカロリー管理は厳密に行う

 

(3)カロリー管理を行う2日間は連続して2日はNG ※「月曜日と木曜日」「水曜日と日曜日」など数日間空ける

 

という3つのルールを守るだけでOKです。

 

年末年始こそ5:2ダイエットが向いている

 

例えば「5:2ダイエット」をミランダ・カーが実施した際は、カロリーを厳密に管理をする2日間はスムージーのみを1日に3回飲んでいたことを明かしています。

 

 

 

|メリハリのある食生活で定期的に内蔵を休めて

 

このようにメリハリのある食生活に変える「5:2ダイエット」は定期的に内臓を休めることになるのでデトックス効果も狙え、ダイエットだけでなく美容面でも好影響があるとされています。ですので、暴飲暴食のリセット策としてもオススメですが、本格的に取り組むなら2~3ヶ月程度を目安にしてみましょう。さらに大きなダイエット効果を実感できるはずです。

 

 

ただし1日500kcal以内とストイックに食事を管理するときにイライラしたり、頭痛などの副作用を起こす場合もあります。実践時に体調面で不安を感じたらすぐに中止するようにしましょう。

 

なお、プチ断食(インターミッテント・ファスティング)には「5:2ダイエット」の他にも、2週間に1回、24時間のファスティングをするという「EAT STOP EATダイエット」、食事の時間(朝食のスタートから夕食を食べ終わるまで)を8時間以内にセッティングして食べない時間を16時間以上作る「8時間ダイエット」などがあるので、自分のライフスタイルに合わせて実践しやすい方法を見つけてみてくださいね。


border