make upメイク

血色の良い肌を長時間キープ。マスクによるメイク落ちを防ぐ【最強ベースメイク】

Twitter
LINEで送る

暑さもまだまだ残り、マスクの着用によるメイク落ちが気になる近頃。そこで今回は、そんなマイク下の汗に負けずに“血色の良い肌”をキープできる【最強ベースメイクテク】を紹介します。日焼け止めを塗ってからスタートです。なお、用意するアイテムは

 

A:コーラルカラー ジェルティント、B:コンシーラー、C:リキッドファンデーション(仕上がりがさらさらになるもの、もしくはゆるいテクスチャのもの)、D:コーラルカラー クッションブラッシャー、E:フィックスミスト

 

の5アイテムになります。手元にない場合はプチプラのコスメで代用してください。

 

 

(1)コーラル系ティントをアップルゾーンにON

 

 

汗に負けない血色の良い肌をつくる仕込みになります。ファンデーションを塗る前にコーラルカラーのジェルティントをアップルゾーン(笑ったときに頬の一番盛り上がる部分)にたっぷりのせます。カラーはお好みですが、ピンク系は日焼けしたように顔が赤く見えてしまうので、ヘルシーに見えるコーラル系のティントを使うのがオススメです。

 

 

(2)ティントを指でなじませる

 

 

あらかじめ塗っておいたスキンケアアイテムと(1)でのせたコーラル系ティントが自然に混ざるように指先で円を描きながら塗ります。スポンジを使ってもOKですが、先に塗った日焼け止めをスポンジが吸収してしまう場合もあるので、指を使うようにしましょう。

 

 

(3)ファンデーションを薄くON

 

 

さらさらに仕上がるタイプ、またはテクスチャがゆるいタイプのファンデーションを手の平に何度かポンポンととってから、スポンジにつけて顔にのせます(こうするとダイレクトにファンデーションをとるよりも、薄く軽く顔に密着させることができる)。ファンデーションが浮くのが気になる方はスポンジに軽くフィックスミストをかけてしっとりさせておきましょう。(1)〜(2)で塗った頬のティントがすべて隠れてしまってOKです。

 

 

(4)ファンデーションをレイヤリングする ※ベースメイクの仕上がりを軽くしたければこの工程は省略してOK

 

 

手の平に残ったファンデーションをスポンジの先に少しだけとり、目の下の広い部分を中心に重ねてレイヤリングします。

 

 

(5)クマ&くすみをコンシーラーでカバー

 

 

クマの一番濃い部分にコンシーラーをたっぷり塗り、境目だけを外側にはらうようにのばします。残ったくすみやダークスポットもブラシやスポンジでカバーしましょう。

 

 

(6)クッションブラッシャーで血色を出す

 

 

(1)〜(2)で塗った頬のティントは万が一メイクが落ちてしまったときのための保険なので、コーラルカラーのクッションブラッシャー(またはクリームチーク)をパフでたたいてのせて血色の良さを演出します。

 

 

(7)フィックスミストを顔全体に吹きかけ、乾く前にベースメイクを肌に密着させて完成

 

 

 

フィックスミストを顔から30cm以上離して吹きかけ、完全に乾いたらもう1回フィックスミストを吹きかけます。その後、2回目にかけたフィクサーが乾いてしまう前に(3)で使用したファンデーションスポンジでハンコを押すように顔全体をトントンとたたきながらメイクを肌に密着させて完成です。

 

 

マスク下はどうしても汗をかいてしまうのでフィクサーを使ってメイク崩れを防ぐのは必須。その上で、多少メイクが落ちたとしても“血色感”をキープできるように仕込むをしておくことがポイントです。マスク着用によるメイク崩れが気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ) top image出典:DHOLIC


border