hairヘア

出典:@hair.cm/雲林院 優

前髪“アリ”or“ナシ”どちらが正解? モテ度高まる【ベストな前髪】の作り方

Twitter
LINEで送る

モテ度を高めるためにも、小顔に見せるためにも「絶対前髪にはこだわりたい!」という方は少なくないと思います。そこで今回はお似合いの前髪を見つけるためのポイントとなる顔型別に、モテ度も小顔感も高まるベストな前髪を手に入れるコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

【丸顔さん】前髪を長めに設定して“縦の長さ”を強調

 

フェイスラインの丸みをふんわりカバーできるスタイルを好む方は少なくないですが、さらに前髪を長めに設定することで顔の縦の長さを強調できるので、フェイスラインをよりほっそりとした印象に作れます。

 

出典:HAIR

 

今シーズン旬なパッツン前髪を合わせるなら、厚めではなくあえて薄めにして透け感を出すのが正解。抜けを作ることで愛らしさとヘルシーな色っぽさが絶妙にミックスでき、大人可愛いモテ髪に仕上がります。

 

出典:HAIR

 

一方、とにかく大人っぽさを強調したいという方なら、縦ラインを強調するかきあげバングでフェイスラインを程良くカバーしてみましょう。幼く見えがちな丸顔さんも、長めに残した前髪を顔のサイドに落とすことで大人感たっぷりの表情を作れます。

 

 

 

【面長さん&逆三角形さん】サイドの髪と自然に馴染む前髪で顔幅のボリューム感UP

 

顔の縦の長さをコンプレックスとして感じやすい面長さんや逆三角顔さんはサイドの髪と自然と馴染むスタイルで、顔幅のボリューム感UPを狙うのがポイントです。

 

出典:HAIR

 

前髪を作るなら、厚めの前髪で面長をカバーしつつ、パーマでふんわりとさせたサイドの髪になじませることで横幅のボリュームをコントロール。シャープなイメージを抑えることができ、大人可愛さがグッと引き立ちます。

 

出典:HAIR

 

一方、前髪を作りたくないという方の場合はかき上げバングスで色っぽく仕上げつつ、サイドは巻きやパーマでボリューム感を出しましょう。なお、前髪を根元からしっかりと立たせてサイドの髪と馴染ませるのがバランス良く仕上げるポイントです。

 

 

 

【ベース顔さん&四角顔さん】流し前髪やリップバングで小顔感UP

 

エラやアゴのラインなどによって少しマニッシュに見えてしまうベース顔さんや四角顔さんの場合、おでこを見せることで小顔感を高めましょう。

 

出典:HAIR

 

顔の下側をカバーするためには、サイドにボリュームを出すとバランス良くスタイルがまとまります。サイドを内巻きにしたり、パーマで毛先にニュアンスを加えたりすることで顔の下側に横幅を作りつつ、前髪を横に少し流して抜け感を演出してください。

 

出典:HAIR

 

一方、大人の色気を演出するなら、リップの高さぐらいの長めに設定した前髪をゼンターパートで合わせるのがオススメです。ナチュラルなパーマでサイドにボリュームとニュアンスを出すと、フェイスラインのお目立ちをカバーできます。

 

 

このように自分の顔型にフォーカスして、理想的な長さや厚さを選んで組合せていくのがお似合いの前髪を手に入れるポイントです。思いのままお洒落を愉しむためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。<top image出典:HAIR


border