dietダイエット

人気モデル実践の愛されボディを作る簡単ルール

“痩せすぎない”がキーワード。人気モデル実践【体型キープを叶える】ダイエットルール

Twitter
LINEで送る

年齢を重ねても体型が変わることなくオンナらしさにより磨きがかかっていくのが理想と言えますが、“食べることが好き”だったり“太りやすい体質”だったりを自覚していると、ダイエットやボディメイクとどのように向き合うかは悩まされるはず。そこで参考にしたいのが2019年に「ヴィクトリアズ・シークレット」のエンジェルに抜擢されるなど、ただいまノリに乗ってるモデルのバーバラ・パルヴィンです。

 

出典:instagram

 

その魅力は、何と言ってもオンナらしいカーヴィラインと丸みあるボディ。そんな誰からも愛されること間違いなしのボディ作りに欠かさないバーバラ流のルールに迫ってみましょう。

 

 

(1)体が欲するものを食べる

 

食事については「好きなものを我慢しない」というバーバラ。たしかに制約ばかりの食生活だと気が滅入ってしまうもの。やはり食事とはいい関係を保つことが大切です。バーバラの場合、ほとんどの日はヘルシーな食生活とのことですが、もしピザやケーキが食べたくなったらカラダの欲求に従って食べて、心とカラダのバランスをキープしていくことを重視しているそうです。

 

 

(2)食べる分、運動も無理のない範囲できちんと行う

 

食べることが好きなというバーバラは、運動も「無理のない範囲で」とは言いつつしっかりおこなっています。中でもジムでも家でもできる筋トレは欠かさず、特に腕と脚、お腹を重点的に鍛えているそうです。

 

腕はダンベルを両手に持って肩の力で水平にあげていていく「サイドレイズ」、肘を曲げながらダンベルを上げていく「プリーチャー・カール」などを、脚は「ランジ」や「スクワット」など、そしてお腹は「プランク」(1分キープして、少し休憩してもう1回)や、ダンベルを持ちながら上半身を左右それぞれに傾ける「ダンベルサイド」などのようにどこでもできる簡単な内容を習慣にしていることを明かしています。

 

 

(3)将来を見据えてヘルシーな体づくりをする

 

食事についても運動についても「決して無理せず、ストイックに行わない」のもバーバラ流。その理由は、無理をして行えば体に支障をきたしたり、かえって不健康になってしまうからとのことです。将来に渡ってずっと健康でいられるように、食事も運動もバランスを取ることを意識して日々を過ごしていると語っています。

 

 

まずはカラダも心も健康な状態を目指すことを意識し、決して食事も運動も無理をしないことで、愛されボディをキープし続けているバーバラ。痩せすぎでも頑張り過ぎでもないオンナらしいヘルシーボディを目指したいという方は、ぜひ今回紹介した3つのルールをダイエットに役立ててみてくださいね。<text:ピーリング麻里子>


border