dietダイエット

お腹&下半身を“丸ごと”シェイプ!理想的な【凹凸のある痩せボディ】に導く簡単エクサ3種

Twitter
LINEで送る

装いが軽やかになる夏は、たるみやすいお腹や下半身などのパーツ同士の境目をクッキリさせて凹凸感をきっちり育みたいもの。そんな理想的な痩せボディに近づくためには「最新エクササイズやアイテムを採り入れないと…」と思いがちですが、実は人気モデル達は極めてシンプルなエクササイズを実践しています。

 

 

 

|ポイントは“お腹&下半身&体幹を強化”すること

 

人気モデルのウィニー・ハーロウはじめ数々の人気モデルを担当しているトレーナーのルーク・ワーシントン氏によれば、凹凸感のある痩せボディを作るには「大臀筋、ハムストリングス、そして体幹とお腹と下半身の筋肉を強化することが大切」とのこと。それではルーク氏のオススメ、自宅でも取り組める3種のシンプルなエクササイズをチェックしてみましょう。

 

 

■ゴブレットスクワット(目標:5回×4セット)

 

▲お尻、太ももの裏に効いていることが確認できればOKです

 

(1)両脚を肩幅より広めに開き、ケトルベル(もしくはダンベル)を胸の前に持つ

 

(2)背中を真っ直ぐにキープしたまま、ひざが直角になるまでゆっくり腰を落としていく

 

 

■フログパンプ(目標:20回×2セット)

 

▲膝を開いたままキープするのがポイント。簡単にできる方はできるだけペースを速めましょう

 

(1)床に仰向けになり、両脚の足裏を合わせてひざを開く

 

(2)そのままの姿勢でお尻だけを上げる

 

 

■スイスボールレッグカール(目標:10回×3セット)

 

▲バランス感が必要とされるので、お尻や脚全体の筋肉はもちろん、体幹もしっかり強化できます

 

(1)床に仰向けになり、バランスボールにひざを曲げたまま両脚を乗せる

 

(2)ひざを伸ばしてバランスボールを遠くに押したら、ひざを曲げてバランスボールを元の位置に戻す

 

 

いずれも簡単にできるエクササイズですが、“毎日続けること”が効果を高めるポイントです。ぜひ1日の日課に取り入れて凹凸感のあるオンナらしい痩せボディを育んでいきましょうね。<text:ピーリング麻里子>


border