beautyビューティー

美姿勢かつ痩せやすい体に。基礎代謝UPの鍵【背中の柔軟性】を取り戻す簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

長時間のスマートフォンやPCの使用によって姿勢が歪みがちという方は少なくないと思いますが、歪んだ姿勢をそのまま放っておくと身体のラインがますます崩れるとともに痩せにくい体になっていき、さらには肩こりや腰の痛みにもつながっていきます。そこで1日の終わりの習慣に採り入れたいのが「脊柱起立筋」の簡単ストレッチです。

 

 

 

|美姿勢作り&基礎代謝UPの鍵“背中の柔軟性”を取り戻す簡単ストレッチ

 

背骨の左右に分かれて付いている「脊柱起立筋」は上半身を起こした状態をキープする役割を持つ筋肉。この筋肉を伸ばすことで姿勢が改善され、肩こりや腰の痛みといった不調も改善。しかも簡単な動きにも関わらず就寝前に行うことで身体のリセットが叶い、睡眠の質も高まる嬉しいストレッチです。

 

 

(1)床に両ひざと両手を着き、四つん這いの姿勢になる

 

 

 

(2)背中を丸めて後ろに腰を引く

 

 

 

(3)片腕を床に着いている腕の内側に入れ、しっかり伸ばし切った後ゆっくりと呼吸をしながら10秒間キープする

 

 

 

両腕をスイッチさせて反対側も同様に行い、“1日あたり左右各5回を目標”に実践します。なお、「腕と脚を開く幅は肩幅に揃える」のがポイント。また、腰を引く際は「最初に置いた手と膝の位置を固定しながら身体だけを引き下げるイメージ」で行い、体勢をキープする際は「呼吸とともに肋骨が大きく膨張&収縮すること」を感じながら実践しましょう。

 

 

姿勢の良い状態をキープすることは体の基礎代謝を上がりやすくなったり、太りにくい体質になったりという嬉しい効果があります。姿勢の歪みが気になる方はもちろん、痩せやすい体を手に入れたい方も、ぜひ就寝前の習慣にしてみてくださいね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ストレッチ監修:金井俊記(Dr.ストレッチグランドトレーナー/トレーナー歴6年)>


border