beautyビューティー

【太ももダイエット】に効果大!内転筋&外転筋を丸ごと強化する簡単習慣

Twitter
LINEで送る

重見えする下半身に悩まされている方であれば「太ももをすぐにでも細くしたい!」はず。でも、それには小まめな運動は欠かせません。そこで習慣に採り入れたいのが、太ももダイエットにとって重要な「内転筋(太もも内側の筋肉)」と「外転筋(太もも外側の筋肉)」を丸ごと強化できるピラティスの簡単エクササイズ【ダブルレッグリフト・ピラティス】です。

 

 

 

【ダブルレッグリフト・ピラティス】

 

太ももの引き締め、下半身のむくみ予防に効果を期待できるエクササイズです。また、内転筋と外転筋を同時に鍛えるのでO脚予防にも効果を期待できます。

 

 

(1)床に横向きに寝そべる

 

(2)一旦息を吸ってお腹を薄くして、息を吐きながら両脚を同時に持ち上げる ※お腹は薄くしたままをキープし、息を吐くときはお腹を絞るイメージです

 

(3)息を吸いながら、両脚を持ち上げたまま3秒間キープ

 

(4)息を吐きながら両脚を下ろす ※お腹は薄くしたままをキープし、息を吐くときはお腹を絞るイメージです

 

 

体の向きを変えて反対側も同様に行い、“1日あたり左右各5回を目標”に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るために最も大切なポイントは「エクササイズを始める(1)のポジション」です。骨盤が前後に倒れてしまう(上写真)ことがないよう、(1)の体勢をとるときは「腰を床に垂直に立て、太もも内側を締めること」を心がけましょう。

 

▲エクササイズを開始する際に床に対して骨盤が前後に傾いてしまうのはNG!

 

ピラティスのエクササイズは“回数よりも質”が重要とされ、「呼吸と連動させて正しいフォームで行うこと」「すべての動きにおいてお腹を薄くしたまま&お腹の位置を固定する」のが大切です。まずは目標回数を達成することから始めて、太ももダイエットを成功に導いてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ピラティス監修:KANA(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border