beautyビューティー

毎日の“肩甲骨はがし”習慣が決め手◎ 寝ながら実践【老け胸予防】に効く簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

「デスクワークなどで前傾姿勢の時間が多い」、「普段から猫背気味」という方は少なくないと思います。肩が丸まって内側に入ってしまった姿勢がクセ付いてしまうと、重見えするだけでなく、肩甲骨周りが固まってしまって老け胸化を促進してしまうもの。そこで習慣に採り入れたいのが、老け胸予防や姿勢改善に効果的な簡単“肩甲骨はがし“ストレッチです。

 

 

 

|寝ながら実践!簡単“肩甲骨はがし”ストレッチ

 

仰向けに寝たままの姿勢で上半身を持ち上げるだけと簡単な手順なので習慣化しやすいのが魅力。肩甲骨周りの柔軟性を高めつつ「大胸筋」を気持ち良く伸ばしていきましょう。

 

 

(1)床に仰向けに寝てお尻の下に両手を置き、両ひじが背中の下に来るように両腕を体の下に入れる

 

 

 

(2)肩甲骨を内側に寄せるイメージで腕の力を使って上半身を持ち上げ、持ち上げきったところでゆっくり息を吐きながら30秒間キープする

 

 

 

これを“1日あたり3回を目標”に実践します。(2)のキープ時に上半身を持ち上げたとき胸がしっかり開いていることを意識しましょう。なお、実践時に注意したいのが「体の下に入れる腕の位置」です。両ひじが体の外側に出ている状態(下写真)では上半身が十分に持ち上がらずにストレッチ効果が落ちるので、「必ず肘まで体の下に入れる」ことを心がけてください。

 

 

シンプルなストレッチ法ですが、続けて実践していくことで肩甲骨周りやバスト周りの筋肉の柔軟性が高まり、背筋が真っ直ぐ伸びた姿勢をキープしやすくなっていきます。ぜひ習慣化して、老け胸予防とキレイな姿勢づくりの両方を叶えていきましょうね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:野月愛莉(Dr.ストレッチ錦糸町店トレーナー/トレーナー歴6年/トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border