dietダイエット

デトックス促進で減量&体型キープ。栄養士おすすめ【食べるダイエット法】のポイント

Twitter
LINEで送る

自分をより美しく見せる上で“ベストな体型をキープしていくこと”は欠かせない要素。その中で特に意識を向けたいのが毎日の食事です。そのためには「食べることをある程度ガマンしないと!」という方は少なくないと思いますが、海外の人気モデルを多数顧客に持つ栄養士のチャールズ・パスラー氏によれば「減量&体型キープには食事が欠かせない」そう。そんな【食べるダイエット法】のポイントをチェックしてみましょう。

 

 

 

|毎日の食事で“デトックスを促進”するのが大切

 

パスラー氏によれば、毎日の食事で“デトックスを促進”するのが大切とのこと。そのためには「栄養バランスを考えてきちんと食べること」、そして「体調に応じて必要なサプリメントをきちんと摂ること」の2つがポイントとなると言います。

 

 

また、「栄養バランスを考えずに食事量が少ない状態で運動を過度に行ってしまうとエネルギーが消費されすぎてしまうため、かえって新陳代謝が低下したり、体と筋肉がエネルギーを欲するため食欲が増したりする」そうで、体やホルモンを形成する“タンパク質”、エネルギーとして使われる“脂質”、エネルギーの素となる“炭水化物”をバランス良く摂ることこそ減量&体型キープにいて重要とのことです。

 

 

 

|“デトックスを促進”するための食事ルール5つ

 

そんなデトックスを促進するための食生活を送るためにバスラー氏が挙げる具体的なルールが下記の5つです。

 

(1)加工食品を食べない

 

(2)食事のメインはタンパク質と野菜にし、脂質はオリーブオイルで摂取する

 

(3)水は最低“1日1リットル”飲む

 

(4)乳酸菌と食物繊維のサプリメントを摂る

 

(5)マッサージで血行を促進させデトックス力をアップさせる

 

特に大切なのが「ダイエットをスタートして1週間〜10日間の食事」だそうで、その期間は(1)の加工食品を避けることと、(2)のタンパク質の多い食材と野菜を摂ることを重視するのがポイントとのこと。また、サプリメントについては消化、免疫力、解毒作用を高める乳酸菌や食物繊維だけでなく、「亜鉛、ビタミンC、ミルクシスルなどもおすすめ」だそうです。

 

 

バランスの良い食生活で自然と代謝を高めつつデトックスを促進するという【食べるダイエット法】は、食べることをガマンせずに「キレイに痩せたい」&「体型をキープしていきたい」という方にとって採り入れやすいものと言えます。ぜひダイエットの参考にしてみてくださいね。


border