hairヘア

出典:@hair.cm/米崎勇

即効でお洒落に差が付く。毛先ニュアンスの変化で【旬なショートヘア】に

Twitter
LINEで送る

人気が高い反面、スタイリングの幅が少ないイメージもあるショートヘアですが、今シーズンのトレンドである“毛先ニュアンス”に変化を加えるだけで、大きなスタイルチェンジをしなくてもしっかり旬顔にクラスアップできます。それでは参考とすべき最旬スタイルから、お洒落に差の付くスタイル作りのコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|大人カジュアル〜オフィススタイルまで幅広く対応できるのが魅力

 

きちんと感を備えたスタイルから少しカジュアルな印象のスタイルまで幅広く応用できるのが、毛先ニュアンスに変化を加えるメリット。

 

出典:HAIR

 

髪の美しいツヤ感を演出しつつ、毛先のほつれ感で髪に軽い動きを出すスタイルなら、きちんと感のほしい場面でもハズレなし。グッと軽やかな印象になって好感度もUPします。また、よりきちんと感を引き上げたい時は、暗髪にしたり、全体を少しタイトなシルエットでまとめて毛先のみふんわりさせましょう。

 

出典:HAIR

 

愛されスタイルと言えば“ふんわり感”は外せないポイント。軽やかにボリューム感を演出すれば大人度も自然と高まります。小顔に見せたいときは「ひし型シルエット」を意識したスタイリングで。また、透明感のある髪色をプラスすることでアンニュイな雰囲気も高まります。

 

出典:HAIR

 

黒髪やダークトーンの髪色の方ならトップをふんわりさせることで柔らかな印象を演出できます。エアリーで透明感のあるスタイリングは、まさにイマドキという雰囲気。顔の輪郭に沿って髪をカットしておくと小顔効果まで期待できます。

 

 

 

|軽やか〜しっとりまで毛先ニュアンスを自宅で再現するコツ

 

毛先ニュアンスを演出する際にスタイリング剤をつけすぎてしまうとベタッとしてしまい野暮見えしてしまうので注意。スタイリング剤を付ける際は髪の根元は避け、“毛先のみ”または“髪の中間から毛先のみ”につけることが基本になります。

 

出典:HAIR

 

ほつれ感やくびれ感といった毛先ニュアンスを活かしたアンニュイなスタイルを実現するなら、毛先にパーマをかけるのもオススメ。毛先ニュアンスを手軽に再現できるので、お出かけ前のスタイリング時間の短縮にもつながります。ただし、パーマをかけると髪がパサついた印象になりがちなので、髪のキューティクルをコートする素材を使ったスタイリング剤を使ってツヤ感キープに努めることも大切なポイントです。

 

出典:HAIR

 

一方、全体にツヤ感を上手く纏えばさらに色気のある雰囲気を醸せます。ただし、なかなかスタイリング剤が上手く馴染まないことも多いので、その際は一度スタイリング剤をつけた後にドライヤーの温風を当てて髪についたスタイリング剤を柔らかくしてから再度揉み込んでいくという工程を繰り返すのは必須。手間も時間も少々かかりますが、ぜひトライしてみてください。

 

 

このように毛先ニュアンスに変化を加えるだけで、いつものスタイルを即効でお洒落にアップデートできます。ぜひ参考にしてみてくださいね。<top image出典:HAIR


border