beautyビューティー

太もも内側に“▽のすき間”を。痩せやすい体と【ほっそり太もも】を作る簡単習慣

Twitter
LINEで送る

冬はアウターなどで隠しやすいこともあり、下半身のスタイルアップへの意識が薄れがち、でも、下半身のたるみやムチっと感はすぐに解消できるものではないので、習慣的なケアでスッキリとしたラインをキープしていきたいところです。そこで採り入れたいのが、太もも内側に“▽のすき間”を作るのに役立つピラティスの簡単エクササイズ【インナーサイワーク・ピラティス】になります。

 

 

 

【インナーサイワーク・ピラティス】

 

太もものたるみやムチっと感の原因となるのが内ももについた贅肉。太もも内側をを意識して鍛えることは少ないと思いますが、たるみを感じさせない太ももを育むためにもぜひトライしてみてください。

 

 

(1)床に腕を上げた状態で横向きに寝そべり、体の上側の手足を前方に着く

 

(2)息を吸って、息を吐きながら下の脚を真っ直ぐにしたまま上げる ※骨盤を正面にキープしたまま意識をお腹に集中させます

 

(3)息を吸いながら(2)の姿勢を3秒間キープする

 

(4)息を吐きながら上げた脚を真っ直ぐにしたまま下ろす ※胸式呼吸で息を吐いたときにお腹を絞るイメージで行います

 

 

体の向きを変えて反対側も同様に行います。まずは「左右各10回を目標」に脚の上下運動を行い、慣れてきたら回数を増やしていきましょう。また、さらに負荷を高めたい場合は動作時に上側の手をカラダの前に置かずに行ってみてください(下写真)。

 

 

最初に紹介した姿勢よりも少しキツくなるので、短期で太ももの内側を引き締めたいときにオススメです。ただし安全に行うためにもあくまで無理のない範囲で実践することをオススメします。

 

 

ピラティスのエクササイズは正しい呼吸法で、正しい骨格を意識しながら体幹を整えていくエクササイズなので、骨盤の歪みや肩こりの改善・基礎代謝アップにより痩せ体質のカラダづくりができるのはもちろん、自律神経の乱れや血流の改善効果も期待できます。ぜひ習慣にしてほっそり太もものキープに役立ててくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ピラティス監修:KANA(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border