dietダイエット

“食べるだけ”で45kgの減量に成功。痩せ遺伝子を活性化する【話題のダイエット法】

Twitter
LINEで送る

今年も様々なダイエットが話題になっていますが、海外を中心に話題になっているのが【サートフードダイエット】です。ぽっちゃり体型で有名だった歌姫アデルがこのダイエット法で45kgの減量に成功したことから実践者が急増中。そんな話題のダイエット法の気になる中身をチェックしていきましょう。

 

 

 

|サートフードダイエットって何?

 

サートフードダイエットを提唱しているのは、イギリスの栄養医学の研究者であるエイダン・ゴギンス氏とグレン・マッテン氏。彼らは“サーチュイン遺伝子”を含む食品“サートフード”を摂取することで、胎内の“痩せる遺伝子”が活性化して脂肪燃焼が促進されると提唱しています。このサーチュイン遺伝子とは、本来人の体内に備わっていて代謝に大きく関係のある遺伝子。しかも、サーチュイン遺伝子が増えると抗老化作用も強化されるので「エイジングケアにも効果を期待できる」という嬉しいメリットもあります。

 

 

 

|どんな食品がサートフードなの?

 

となると気になるのが、「どんな食品がサートフードなのか?」ということ。ゴギンス氏とマッテン氏によれば、ケール、セロリ、いちご、玉ねぎ、パセリ、ルッコラ、ブルーベリー、デーツ、大豆、ウォールナッツ、緑茶など。

 

 

また、穀物ではそば粉、油ではエクストラヴァージンオリーブオイル、スパイスではターメリック、チリペッパーが該当します。さらに、コーヒーや抹茶、さらにポリフェノールを含む赤ワインや85%以上のダークチョコレートも摂取してOKの食品です。

 

 

 

|サートフードをどのように摂取すれば良いの?

 

基本はこのサートフードをメインに食べるだけでOK。ただし、特定の食材に偏ることなく様々なサートフードの食材を幅広く取る方が良いのだそう。また、サートフードダイエットには「最初の1週間(1〜7日目)」と「次の2週間(8〜21日目)」に分けた2段階の食事ルールもあります。

 

まず「最初の1週間(1〜7日目)」。最初の3日間は1日の摂取カロリーを1,000kcal以内にして、サートフードをメインにした食事を1日1回、サートフードを使ったグリーンジュースを1日3回に摂取。その後の4〜7日目は1日の摂取カロリーを1,500kcal以内にして、サートフードをメインにした食事を1日2回、サートフードを使ったグリーンジュースを1日2回摂取します。

 

次の段階となる「次の2週間(8〜21日目)」は、サートフードを使ったグリーンジュースを1日に1回、サートフードをメインにした食事を1日3回摂ります。また、間食してもOKなのが嬉しいポイント。ただし、間食もサートフードを摂ることが必須となります。

 

ゴギンス氏とマッテン氏はこの内容で40人に実験を行ったところ、「1週間で平均3kgの減量効果が見られた」ことを明かしています。

 

 

サートフードダイエットを有名にさせたアデルはすでに45kgの減量に成功していますし、キャサリン妃の妹で健康志向の高いピッパ・ミドルトンもこのダイエットを実践しています。摂取できる食材が限られるという点がありますが、「満腹感を感じることができる」、「他のダイエットではNGとされるコーヒーやワイン、チョコレートなどもOK」と概ね好評の様子。きちんと食べながらダイエットをしたい方や、とにかく痩せたいと願っている方はぜひ試してみてはいかがですか? <text:ピーリング麻里子>


border