dietダイエット

眠っている間に痩せられる睡眠ダイエット法

眠っている間に痩せられる?! 【睡眠ダイエット法】の効果を高めるポイント

Twitter
LINEで送る

「ラクちんなのにダイエット効果アリ」と聞くと半信半疑でも一度は試してみたくなるもの。そんなラク痩せ法として、ある【睡眠ダイエット法】が海外で話題を呼んでいます。実際、特別な運動や食事管理をすることなく“睡眠を取るだけでOK”というこのダイエット法を発案したのはアメリカ『ボストン・メディカル・センター』の医師キャロライン・アポビアン氏。それでは気になる中身をチェックしてみましょう。

 

 

 

|話題を呼ぶ睡眠ダイエット法のポイント

 

「オーバーナイトダイエット」と呼ばれるこの睡眠ダイエット法。やり方はシンプルそのもので、

 

(1)1週間の始めの日の食事は自家製の高タンパクスムージーのみにする

 

(2)毎日8時間の睡眠を取る

 

という2つを守るだけのものとなります。例えばダイエット初日が火曜日なら、毎週火曜日をスムージーを飲む日と決め、残りの6日間は普通の食事をします。そこでポイントとなるのがスムージーと普通の食事の栄養分。いずれも“高タンパク”を意識することが大切です。

 

 

ちなみに高タンパクなスムージーを作る際は、キャロライン氏によると

 

・プロテインパウダー 30g 、無脂肪のギリシャヨーグルト 250g のどちらかを入れる

 

・スキムミルク(120ml)、ココナッツウォーター(120ml)、低カロリーで無糖のココナッツミルク(50ml)、低カロリーで無糖のフルーツジュース(50ml) のいずれかを入れる

 

・使用する食材は、フルーツなら2種類まで、野菜なら3種類まで

 

・甘味料やカカオパウダーなどを使用する場合は、小さじ1杯を2種類までならOK

 

の4つがポイントのこと。一般的にダイエットを目的とした食事管理をすると、脂肪より先に筋肉が落ち、最初は体重が減っていても代謝が悪くなり逆に痩せづらい体質になって失敗というケースに陥りがちですが、このように筋肉の元となるタンパク質を積極的に摂取することで筋肉を落としづらい状態をキープし、睡眠中であっても代謝の高い状態をキープできるというわけです。また、キャロライン氏によればスムージーだけの日も、スムージーとは別に水分をしっかり補給することを心がけることも大切とのことです。

 

 

このように高タンパクな食品をしっかり摂取して、しっかり寝るだけの簡単なダイエット法ですから、食事を我慢するというストレスをあまり感じることなく無理なく続けられそうなのが、この睡眠ダイエット法の魅力と言えます。食事管理がネックとなってダイエットを断念してしまいがちでも、「これならできそう!」と感じた方はトライしてみてはいかが?


border