loveラブ

愛する女性だけにする男の愛情表現

あなたはどっち?男性が思う「上手なキス」と「下手なキス」の違い

Twitter
LINEで送る

 

キスをする雰囲気を演出するのは男性の役目と思いこんでいませんか? でも、女性からスキンシップして甘えたり、見つめたりしてキスをする雰囲気を演出することも大事。そうすることで男性のキスに進むハードルが一気に下がり、気分も乗ってきます。待ってばかりじゃなく女性側からも積極的に働きかけるようにしましょう。

 

 

 

【上手なキス】視線の使い方

 

キスをするときやキスの最中に目をつむったままという女性は多いでしょう。でも、キスの最中に目をあけて、男性とうっとり見つめ合う瞬間をつくってみてください。そのまま互いに見つめ合ってキスをするだけで男性はキュンキュンときめきます。視線を通して「大好き!」って気持ちが視線を通して男性に伝わると、男性は愛しい気持ちがますます高まるでしょう。

 

 

 

【下手なキス】気持ちの盛り上げ方が欠ける

 

上手なキスというのは、徐々にお互いの気持ちや愛情を高めていくものです。そんな気持ちの盛り上げ方が欠けると「下手なキス」と思われてしまうでしょう。例えば、キスしてすぐに舌を口内にいれたり、激しいディープキスをしたりとすると、興奮どころか冷めてしまう男性も少なくありません。男性の雰囲気を上手に読み取って、男性に合わせてみるのも1つの手です。

 

 

 

【下手なキス】歯が当たってしまう

 

キスをするときに慣れていなかったり、緊張したりすると歯が当たってしまうアクシデントが発生しがち。ディープキスをするときは「口をしっかり開けて唇で歯をカバー」を心がけてください。また、男性の唇や舌をしゃぶるようにするのも効果的です。

 

 

キスの上手下手は経験によるものも大きいので、経験を重ねて学ぶことも大事。ぜひ参考に、愛する男性を虜にする上手なキステクを身につけてくださいね。


前のページへ

1 2

border