hairヘア

さり気なく上品に見せるコツは? レングス別【きちんと感ヘア】の作り方

Twitter
LINEで送る

ヘアスタイルを作る上でトレンドを押さえることも大切ですが、同時に上品な印象を与えることを心がけておきたいもの。そこで強い味方となるのが、さり気なくきちんと感を醸す好印象なヘアスタイルです。それでは、2020冬トレンドを採り入れつつきちんと感も高まるヘア作りのポイントをレングス別でチェックしてみましょう。

 

 

 

【ショートヘア&ショートボブ】長めの前髪を主役に上品さを醸す

 

ショートヘアやショートボブは目元の印象が際立つヘアスタイル。特に前髪を長めに設定することがトレンドを押さえた上品スタイルを作る上でポイントとなります。

 

出典:HAIR

 

ハンサムなスタイルも前髪を長めに設定しておくと色っぽさと同時に凜々しさまで演出してくれるので、大人っぽい印象が引き立ちます。前髪を流したり、根元を立ち上げたりとアレンジ幅も広がるので、TPOに合わせた雰囲気作りが叶うのも魅力。また、オンナ度をグッと引き上げるために耳を出してアゴのラインを露出させるのもオススメです。

 

一方、ひし形シルエットのスタイルなら自然と表情が引き締まります。サイドを長めにとってフェイスラインに沿わせて小顔感を高めるのがポイントです。

 

出典:HAIR

 

長めに設定した前髪をあえて自然に下ろすことで清楚さを強調しつつ、ふんわりとしたくびれ感をプラスすることでほんのり可愛さをプラス。上品なイメージに仕上がります。

 

 

 

【ボブ&ミディアムヘア】髪のクセや毛先ニュアンスを活かすスタイリングを

 

肩に着くか着かないくらいの絶妙なレングスがオンナらしいボブやミディアムヘアの方なら、髪のクセや毛先ニュアンスを活かすスタイリングを施すことでナチュラルに好感度UPを狙えます。

 

出典:HAIR

 

少しクセ毛の方にオススメなのが、切りっぱなしのスタイル。ラフな髪の動きとさり気ない毛先のほつれ感がさり気なくオンナらしさを底上げしてくれます。また、冬コーデに合わせて髪色も温かみのある色味にしてお洒落感を一層引き立てましょう。

 

一方、ストレートな髪質の方であれば、きちんと感ヘアの定番でもある内巻きスタイルが断然オススメ。

 

出典:HAIR

 

内側にグラデーションをつけてレイヤーを入れておくだけで、特にスタイリングしなくても自然に内巻きスタイルに仕上がります。乾燥しやすいこの季節に気になる髪の広がりも抑えることができるのも嬉しいポイントです。

 

 

 

【セミロング~ロングヘア】髪色やパーマを一工夫してレディ感をUP

 

セミロング〜ロングヘアの方は全体の印象の中でも特に髪の存在感が際立つ分、自然体のスタイリングが多くなるスタイルですので、髪色やパーマで一工夫して上品さをさり気なく引き立てましょう。

 

出典:HAIR

 

まずトライしたいのが髪色を単色ではなく、透明感のある髪色をベースに所々にハイライトやローライトを入れて入れて奥行き感を演出するテク。アップにしたりコテでサッと巻いたりと軽めのアレンジしたときでも立体感を強調できます。また、ストレートだと重たい印象になりがちという方なら、ゆるめのパーマをプラスしてほつれ感やくびれ感を髪にプラスして軽さを演出しましょう。

 

 

このように自然体のヘアスタイルであっても、きちんと感を醸すことで好感度も自然と高まります。さり気ない一手間が大きな差を生みますので、ぜひスタイル作りの参考にしてみてくださいね。<top image出典:HAIR


border