hairヘア

被り率高め【ハンサムショート】差の付くおしゃれ感を演出する3つのポイント

Twitter
LINEで送る

ショートヘアの人気スタイルは数あれど、今シーズンも人気が高いのが首元をスッキリ見せられる【ハンサムショート】。とは言え、被り率の高いスタイルと言えるだけに、似合わせを考慮して周りと差の付くおしゃれスタイルにアップデートしたいところです。それでは、めざす雰囲気別にそのポイントをチェックしてみましょう。

 

 

 

《大人フェミニン》基本スタイルに一工夫プラスするだけ

 

ハンサムショートに初めてトライするなら、まずは前髪長めで襟足スッキリの基本スタイルから採り入れてみましょう。目にかかるほどの長さの前髪でも全体がコンパクトにまとまり小顔見せも自然と叶います。

 

出典:HAIR

 

とはいえ、「あまりに短くするのは抵抗がある」という方は“全体的に少し長めのレングス”がおすすめ。襟足は短めでも全体のレングスが少し長い分やわらかい印象に仕上がります。今らしいシルエットにするポイントは毛先にラフな動きを出してほつれスタイリングにすること。大人可愛い魅力をプラスしましょう。

 

襟足を思い切って短くするのに抵抗のある方でも、ハンサムなスタイルに仕上げられます。

 

出典:HAIR

 

長めに残した襟足に無造作に動きをプラスしつつ、全体もラフにカールさせるだけでOK。抜け感たっぷりに仕上げましょう。また、長めに残した前髪をセンターパートで顔周りにラフに散らすだけでアンニュイな雰囲気を醸すのもポイントです。

 

 

 

《大人キュート》丸みシルエットでナチュラル感を演出

 

ハンサムショートと言葉だけ聞くと少しシャープな印象ですが、丸みシルエットをベースにするだけで柔らかな雰囲気を醸せ、オンナらしさをしっかりキープできます。

 

出典:HAIR

 

コンパクトなシルエットに仕上がるのでハンサムショートらしい魅力を残しつつ、ショートボブにも近い雰囲気に。表情まで柔らかく見せることができます。なお、前髪が少し長めの方は顔にかかりすぎないようにラフに分けて仕上げましょう。

 

より大人可愛い雰囲気を前面に出すなら、マッシュシルエットのスタイルがイチオシ。

 

出典:HAIR

 

コロンとしたシルエットが愛らしく、スッキリ見えの中にもガーリーな魅力がたっぷり。前髪をワンカールさせて流すとイマドキ感がアップします。なお、甘くしすぎたくない場合はサイドを耳かけして、よりシルエットをコンパクトにまとめましょう。

 

 

 

《大人クール》モード感プラスで凛とした雰囲気に

 

ハンサムショートの魅力をより満喫したい方におすすめなのが、前髪を目元で揃えたり、思い切ってベリーショートにしたり、シルエットをよりコンパクトにしたりと“モード感をプラス”するアプローチです。

 

出典:HAIR

 

ただし、単にモードな印象を強調するのではなく、前髪を流したり、サイドの髪をほんのり内巻きにしてボリューム感を出したりと大人可愛い魅力を演出する要素を採り入れるのが洒落感UPのポイント。シャープすぎず柔らかすぎない、絶妙なバランスを狙ってお洒落上級者な雰囲気を醸しましょう。

 

 

スッキリとした印象ながらアンニュイな魅力を醸せるハンサムショートは少しの工夫で周りと差の付くお似合いスタイルに仕上がります。ぜひスタイルチェンジの参考にしてみてくださいね。<top image出典:HAIR


border