hairヘア

輪郭を選ばず似合わせやすい【最旬ボブ】スタイル作りのポイント3つ

Twitter
LINEで送る

ヘアスタイルを作る上で大切なポイントとなることの1つが、顔の輪郭の悩みをどのようにカバーした上で旬な雰囲気を醸すかということ。特に冬は首周りをカバーするファッションで顔の輪郭がより強調される傾向にあります。そこでおすすめのスタイルが、輪郭を選ばずに似合わせやすい「ボブ」です。

 

 

 

輪郭を選ばないスタイル作りのポイント(1)くびれ感をプラス

 

くびれるような自然体のカールで髪流れをコントロールする「くびれボブ」はシルエットに変化をつけやすく、小顔感も大人っぽさもグッと高まる旬スタイルです。

 

出典:HAIR

 

毛先を少し遊ばせるように仕上げて、前髪を目の上ギリギリで揃えるだけでOK。アンニュイな雰囲気ながら抜け感もあるバランス良いスタイルに仕上がります。ラフなスタイリングでナチュラル感たっぷりに仕上げるのがポイントです。

 

一方、レディ感たっぷりに仕上げるなら“前髪なし”のくびれボブを。

 

出典:HAIR

 

前髪をしっかりと根元から立ち上げておでこを見せることでヘルシーな印象とともに立体感が生まれ、大人っぽさをしっかり引き出せます。髪のくびれと無造作感が程良くミックスされてこなれた雰囲気を醸しやすいのも魅力。毛先に軽さを出してキュートなエッセンスもほんのりプラスしましょう。

 

 

 

輪郭を選ばないスタイル作りのポイント(2)前髪に透け感をプラス

 

顔の縦ラインを強調できる「シースルーバング」のボブも輪郭を選ばず似合わせやすいスタイル。簡単に採り入れられるのに、旬顔スタイルへのイメチェンが即叶います。

 

出典:HAIR

 

毛先に少々重みを残してあごラインでふんわり丸みをつけるだけでOK。フェイスラインをカバーしつつ、毛先を外ハネにすることでシルエットを整えましょう。スタイリング剤でツヤ感をしっかり出すことで、洗練された雰囲気に仕上がります。

 

 

 

輪郭を選ばないスタイル作りのポイント(3)ゆるパーマでエアリーに

 

ガーリーな雰囲気で人気の「ゆるパーマ」を合わせたスタイルも輪郭カバーに適しています。程良くエアリーな雰囲気がおしゃれ度をさり気なく高めてくれるのが魅力です。

 

出典:HAIR

 

シルエットと髪の質感の相乗効果で柔らかさを強調してナチュラルな雰囲気をグッと高めるのが似合わせのポイント。なお、全体にウェーブをつけるのが苦手であれば、毛先のみにゆるパーマをプラスしてみましょう。全体のシルエットがスッキリとした印象にまとまります。

 

 

気になるところにカールをプラスしたり、全体の髪流れに緩急をつけたりするなど、簡単な工夫で似合わせが叶うボブ。ぜひスタイル作りのポイントをきちんと抑えつつ映える旬顏スタイルにアップデートしていきましょうね。<top image出典:HAIR


border