hairヘア

【ショートボブ編】狙うべきは小顔シルエット。2020春の最旬スタイルの採り入れ方

Twitter
LINEで送る

新しいヘアスタイルにトライするときはトレンドを押さえた最旬スタイルを意識しますが、今春は“いかに自分に似合っているか”がトレンドということもあり、中でも狙うべきポイントが“小顔に見せる”ということになります。そこで今回は人気の【ショートボブ】にフィーチャー。小顔感演出のコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|今シーズンの“トレンド前髪”は小顔演出にピッタリ

 

ショートボブで印象作りの最重要ポイントとなる“前髪”ですが、小顔感の演出においても、まず注目したいポイントになります。

 

出典:HAIR

 

今シーズントレンドの“長め”かつ“透け感”のある前髪は色っぽさをほんのり醸すと同時に、小顔演出にも実は最適。特に透け感をコントロールすることで、縦の長さや横幅のバランス調整が叶います。一方、前髪がそこまで伸びていないという方は、前髪にカールをプラスしたり、束感を出したりと立体感を演出してみてください。

 

出典:HAIR

 

また、全体にゆるふわなボリューム感を出したり、ひし形シルエットに仕上げたりとスタイルそのものに奥行き感をプラスする一手間でより小顔感を引き上げましょう。

 

 

 

|エラ周辺やアゴのラインをタイトにまとめるのも◎

 

骨張って大きな印象に見えるエラ周辺やアゴのラインなど隠したいパーツをそっと毛先でカバーするだけでも小顔効果を得られます。

 

出典:HAIR

 

上写真はエラの周辺をそっとカバーしたスタイル。それだけで顔の見える部分の面積がぐっと小さくなり、目や鼻など顔の各パーツも大ぶりに見えるようになり、メイク映えまで叶います。

 

出典:HAIR

 

一方、顔面積をできるだけ小さく見せようと髪をストレートで下ろしても、かえって重たさが強調されてしまうなら、フェイスラインをカバーするように毛先をフェイスラインのラインに沿うように流してみましょう。自然と抜け感が生まれ、春らしく爽やかに小顔演出が叶います。

 

 

 

|輪郭に合うシルエット作りで“フェイスラインを補う”上級テク

 

自分の輪郭に合うシルエットを作ることで“フェイスラインを補う”ことでも小顔感を強調できます。縦長な顔印象で顔が平面的に見えやすいことが気になる方は“額を適度に隠して顔幅を強調するシルエット”が◎

 

出典:HAIR

 

なお、合わせる前髪は今シーズントレンドの“長め”かつ“透け感”のある前髪が最適。抜け感もありつつ額を上手に隠すことができます。また、毛先にニュアンスをプラスして顔周りの髪にくびれ感を演出して、シャープに見えるフェイスラインをふんわりとした雰囲気に中和するのもオススメです。

 

出典:HAIR

 

一方、輪郭に丸みのある方、どちらかというと顔の横幅が広い印象の方は“縦ラインを強調するシルエット”でフェイスラインを補いましょう。最も手軽な方法が“トップにボリュームを持たせること”。それだけで気になる顔の丸みや横幅を軽減できます。

 

 

このように前髪&シルエットの作り方がショートボブの小顔見せのポイントです。ぜひ参考にして、今感たっぷりの素敵なショートボブを手に入れてくださいね。<top image出典:HAIR


border