loveラブ

彼氏には禁句です。長く交際していきたいなら「言ってはいけないこと」

Twitter
LINEで送る

どんなに彼氏のことが好きでも、イラッとした時につい口にしてしまうことが別れの引き金になることも。

そこで今回は、彼氏に「言ってはいけないこと」を紹介します。

「もうそれでいいよ」

自分の意見や考え方をわかってほしいのに彼氏がわかってくれない時、思わず「もうそれでいいよ」と口にすることありませんか?

あなたの「わかってほしい」という気持ちは彼氏には伝わっているので、自分から匙を投げるような態度を取るのは絶対にNG。

このまま話していても埒が明かないと感じたら、「もう少し落ち着いてから話そう」と提案するようにしましょう。

「〇〇君だって同じじゃない」

彼氏に注意や文句を言われた時、「〇〇君だって同じじゃない」と思わず口にしてしまうことありませんか?

この言葉は水掛け論の始まりにしかなりません。

その場は彼氏の注意や文句を素直に受け止めて、落ち着いた時に彼氏とその話題について話し合うようにしましょう。

「元カレだったら…」

彼氏のダメなところが目についてきた時、元カレなど他の男性と比べてしまうことも。

でも、「元カレだったら…」と口にしてしまっては、単に彼氏のことを傷つけるだけです。

その元カレとは続かなかったから彼氏と付き合っているわけで、彼氏のダメなところが目についてきた時こそ、彼氏のいい部分を今一度思い返すように意識しましょう。

言いたいことを我慢してしまうのはストレスになるとは言え、思ったことをストレートに口にしてしまうと、彼氏との関係を冷めさせる結果になることもあります。

何か彼氏に対して言いたくなった時は、彼氏がどう受け取るか、彼氏を単に傷つけるだけにならないかなど、言い方を考えるようにしましょうね。

?彼から「別れたい」って言われた…。実は男性がストレスに感じていること


border