beautyビューティー

ヨガの三角のポーズでお腹周りも心もスッキリ

お腹周りも心もスッキリ。2017春は“三角のポーズ”でキレイのベース作りをスタートする

Twitter
LINEで送る

「美人はみんな実践しているの?!」と思ってしまうほど、理想的なボディやマインドを持った有名人や芸能人の多くが実践しているヨガ。このようにヨガが多くの人を魅了するのは、ポーズと呼吸でリラックスした快適な状態に持って行くことで、体も心も同時にエネルギーを満たしてくれるから。

 

そんなヨガにはたくさんのポーズがありますが、初心者でも自宅で簡単に実践することができる基本ポーズの1つが“三角のポーズ”です。

 

 

 

|下半身の引き締めに効く「三角のポーズ」

 

“三角のポーズ”はお腹周り、ウエストライン、お尻、太ももの引き締めに効果的。美しいくびれ作りとお尻から太ももにかけてのスタイルアップに繋がります。

 

 

 

(1)両足を大きく開いて立ち、左のつま先を左へ、右のつま先は正面へ向ける

 

(2)肩の高さで両腕を左右へ真っ直ぐ伸ばしてリラックスする

 

(3)息を吐きながら上体を左へ倒す ※右の脇腹だけでなく、左の脇腹も伸ばすように意識してください

 

(4)左手で左足の持てるところ(できるだけ下方)を持ち、右手は上へ向けて伸ばす

 

(5)顔も上へ向け、そのままゆっくり呼吸をしながら30秒ほどキープする

 

(6)反対側も同様に(1)〜(5)を行う

 

なお、膝をロックさせたり、腰を深く倒し過ぎると各パーツの怪我につながることもあるので、実践する際は注意してください。また(5)の顔を上に向ける時に首への負担が大きく感じるときは、そのまま顔を正面のまま動かさないでキープしてください。

 

ゆっくりとした呼吸法で行うヨガは体の引き締め効果だけでなく血流改善や冷え性改善などの効果を期待できますし、さらに“三角のポーズ”には疲労回復や便秘予防といった効果も期待できます。

 

 

 

 

|ヨガの効果を高める3つのポイント

 

ヨガは下記3つのポイントを心がけて実践することで、より効果が高まります。

 

(1)鼻呼吸(最小限にエネルギー消費を抑え、外部からの細菌を取り込まない、リラックス呼吸法)で行う

 

(2)筋肉や内臓、神経レベルに効かせるために、3呼吸以上はポーズをキープする

 

(3)食後すぐには行わず、2時間ほど経ってから行う

 

また、ポーズをとる際は必ず安定した平らな床で行ってください。もし自宅にあれば、ヨガマットを使用することをオススメします。ぜひ毎日の習慣に取り入れて、キレイのベース作りに役立てていきましょう♪


border