beautyビューティー

痩せにくいお腹&太ももに効く簡単引き締め習慣

お腹&太もものサイズダウンに効果。下半身ダイエットの鍵“腸腰筋&股関節”に効く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

今夏も肌見せコーデを満喫するためにも、お腹や太ももなどムチっと感の出やすい下半身をスッキリ整えていきたいところ。そこで習慣に取り入れたいのが、下半身ダイエットの鍵となる“腸腰筋”や“股関節”にアプローチできるピラティスの簡単エクササイズ【マーチング】です。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【マーチング】

 

お腹周りのスタイルアップの鍵となる“腸腰筋”と、脚痩せの鍵となる“股関節”に一挙にアプローチできるエクササイズで、お腹&太ももの引き締め効果の他、腰の痛みの予防や姿勢改善の効果も期待できます。なお、ピラティスのエクササイズは“胸式呼吸(鼻から吸って口から吐く)”で行うのが基本です。

 

 

(1)床に仰向けに寝て股関節と膝をそれぞれ直角に曲げる

 

▲“テーブルトップポジション”と呼ばれる体勢になります。背中の下に隙間ができないように注意してください

 

 

(2)鼻から息を吸って、口から息を吐きながら膝を直角にキープしたまま右足のつま先を下ろして床をタッチし、鼻から息を吸いながら脚をテーブルトップポジションに戻す

 

▲膝を曲げ伸ばしする際は脚が開かないよう“内ももを常に締める”よう意識してください

 

 

(3)脚を変えて反対側も同様に行う

 

 

 

(2)〜(3)で1セットとカウントし、“1日あたり5セットを目標”に実践します。なお、つま先を下ろすときに下写真のように「つま先を置く位置が遠すぎる(上)」「つま先を置く位置が近すぎる下)」といった状態だと効果をきちんと得ることができませんので注意して実践してください。

 

 

ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの連動が重要”とされています。最初正しい姿勢で目標回数を達成することから始めて、お腹と太もものサイズダウンに役立ててくださいね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:YUKI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴2年/ヨガ・ピラティスやダビンチボードレッスンが得意)>


border