visual collectionコレクション

エレガントなのにタフで自由!女性らしく軽やかに繊細に仕立てられたデニムを楽しむ

Twitter
71
LINEで送る

いつだって気軽に着られて、脱いだら適当に洗濯機に放り込めばOK。

そんなデニムを履き込む、というと少し男性的なイメージが強いが、とても繊細に楽しめるアイテムも登場している。例えば今シーズンデビューを飾ったブランド“ko haction”では「精錬前のシルク(生糸)とデニムを折り合わせる」ことによって、着ていく程にシルクの艶感が増す、非常にエレガントなデザインを提案している。

 

今回は同じアイテムで、洗いをかける前のもの(右)と、洗いをかけた後のもの(左)でシューティング。

 

ko10

 

生地の表情やサイズ感の変化にも注目してご覧ください。

 

 

 

Photos & Text:Akihiro Itagaki  Styling:ko haction  Hair & Make up:Tomoyuki Iwashita  Model:Karin

 


 

 

ko5

 

ko4

 

ko13

 

ko1

 

ko2

 

ko3

 

ko6

 

ko7

 

ko8

 


 

洗いをかける前では、通常シルクの製造過程で洗い流してしまう『セリシン』がまだ残っているため全体的に“パリッ”とした印象だが、洗いをかけた後では柔らかい印象となり、『セリシン』が落ちてシルクの光沢感が感じられるように。

 

 

こんな風にエレガントなのにタフで自由なデニムは、現代を軽やかに生きる女性にぴったりなのではないか。

 

 

【トレンチコート ¥89,000  デニムパンツ ¥28,000  ロングTシャツ ¥23,000  靴¥32,000  ヒール靴¥39,000  トレンチの中に着たワンピース ¥29,000  (全てko haction)】

 

 

問:ko haction mail:mail@ko-haction.com
http://ko-haction.com


border