special reportスペシャルレポート

東京ディズニーランド-レッツ・パーティグラ!

ディズニーの仲間たちと愉しむ新たなショー。東京ディズニーランド「レッツ・パーティグラ!」の見どころを✓

Twitter
LINEで送る

この夏さらなる盛り上がりを見せる東京ディズニーリゾート(R)で開催中のアニバーサリーイベント『東京ディズニーリゾート35周年”Happiest Celebration!”』。中でも、東京ディズニーランド(R)の「シアターオーリンズ」と、東京ディズニーシー(R)の「ドックサイドステージ」で新しくスタートしたショーでは35周年期間中だけの特別な内容に注目を集めています。

 

それでは早速、東京ディズニーランド(R)の「シアターオーリンズ」の「レッツ・パーティグラ!」の見どころをチェックしてみましょう。

 

 

 

|ディズニーの仲間たちと一緒に盛り上がれる最高に楽しいお祭り「レッツ・パーティグラ!」

 

「レッツ・パーティグラ!」はミッキーマウスやドナルドダックなどディズニーの仲間たちが開催する最高に楽しいお祭り“パーティグラ”で一緒に盛り上がれるプログラム。ちなみに“パーティグラ”とはパーティーとニューオーリンズの伝統的なカーニバル“マルディグラ”を掛け合わせた造語のこと。

 

ショーは“マルディグラ”を楽しみにしていたドナルドダックとホセ・キャリオカが客席後方からステージに登場。

 

 

しかし楽しみにしていた“マルディグラ”はすでに終わってしまっていて残念がるドナルドダックに、ホセ・キャリオカが仲間たちと一緒に最高のお祭り“パーティグラ”を開催しようと提案するところからショーはスタートします。

 

▲ドナルドダックが目隠しをしてピニャータ(くす玉のようなもの)割りにチャレンジ

 

▲ドナルドダックがピニャータ割りに成功するとシルバーのジャケットを着たミッキーマウスとグーフィーが登場!

 

▲ドナルドダック、ホセ・キャリオカ、パンチートが歌を歌って“パーティグラ”の開催を喜ぶ姿はとてもキュート♪

 

▲シャボン玉が舞う中に優雅なロングドレスに身を包んだミニーマウスとデイジーダック、クラリスが歌を歌いながら登場するとさらにステージは華やかに

 

▲ミニーマウスの掛け声でアクティブに踊れるドレスへ一瞬で変身するシーンは注目ポイント◎

 

▲カラフルなシャツに着替えたミッキーマウスとグーフィー、マックスはダンサーたちと一緒にミッキーマウスマーチやジッパ・ディ・ドゥー・ダーをベースにしたヒップホップ調の音楽で迫力あるダンスを披露。思わず一緒にダンスしたくなってしまうほど見ごたえ抜群です

 

 

さらに新しいコスチュームに着替えたミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが集合し、35周年のテーマソングに合わせてダンスをしたり踊ったりと大盛り上がりをみせます。

 

▲この35周年のテーマソングを使用した公演は「東京ディズニーリゾート35周年”Happiest Celebration!”」期間中だけ!

 

 

そして、ディズニーのキャラクターたちを一層身近に感じられるのが客席に降りてきてグリーティングするシーン。

 

▲もしかするとミッキーマウスが近くにきてハイタッチしてくれるかも!?

 

 

そしてフィナーレにはステージの上部やサイドにカラフルな装飾が一瞬にして加わり、客席にはカラフルなテープやリボンやシャボン玉が舞い降ります。

 

 

ショーの途中では、ダンサーたちが振り付けやパーティグラのポーズをレクチャーしてくれるので、一緒にパーティグラを楽しむことができますよ。

 

 

 

|自分だけの1缶が作れる“チョコレートクランチ”に新フレーバー登場

 

そして、もう1つ抑えておきたいのが東京ディズニーランド(R)の代表的なお土産として親しまれている“チョコレートクランチ”。この“チョコレートクランチ”を自由に組み合わせて自分だけの1缶を作ることができる東京ディズニーランド(R)の「ペイストリーパレス」では、新しいデザイン缶と2種類の期間限定フレーバーが登場しています。

 

▲裏表で異なるデザイン缶は、ピンクを基調としたデイジーダックがとてもキュート♪

 

▲新フレーバーとして「ダブルベリー」と「レモン」が登場。定番のミルク・ホワイト・ストロベリーと、35周年スペシャルフレーバーのストロベリーショートケーキとともに計5種類のラインナップ

 

 

このようにますます盛り上がりを見せる東京ディズニーリゾート(R)の35周年イベントは足を運ぶたびに新しい出会いや発見を愉しめます。ぜひディズニーの仲間たちを一層身近に感じられる「レッツ・パーティグラ!」で一緒に盛り上がってみてくださいね。<text:Hiromi Anzai photo:beauty news tokyo編集部


border