beautyビューティー

腹斜筋の柔軟性upを目指す簡単習慣でくびれ作り/

ウエストほっそり!くびれ作りの鍵【腹斜筋の柔軟性UP】を目指す簡単習慣

Twitter
LINEで送る

痩せにくいパーツとして真っ先に挙がる“ウエスト周り”。その原因の1つがお腹周りの筋肉が固まった状態であることとされています。でも、意識を向けないとウエスト周りの筋肉の柔軟性キープは難しいものです。そこで習慣に採り入れたいのが“くびれ作りの鍵”とも言われる「腹斜筋」の柔軟性UPを目指す簡単ストレッチになります。

 

 

 

【腹斜筋ストレッチ】

 

(1)床に脚を伸ばして座る

 

 

 

(2)左ひざを立てて右脚の外側へクロスさせ、右腕を左ひざの横に添えるようにして支点を作る

 

 

 

(3)(2)で作った支点を固定して体をゆっくりひねっていき、ひねり切ったら20秒間キープする

 

 

 

脚を変えて反対側も同様に行います。なお、「キープ時にひざが横に倒れてしまう」と支点がない状態になり、体を上手にひねることができずに期待する効果を得ることができません。実践時は「支点をきちんとキープして体をひねる」ことを心がけてください。

 

 

日々の活動がルーティーン化していると体の特定の部分しか使わずに1日が終わってしまい、気づけば体に不調が表れてしまったり、お腹周りがより痩せにくい状態になってしまうことがあります。ぜひお腹周りに効く簡単ストレッチを習慣的に実践して、くびれのあるウエストを目指していきましょうね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border