beautyビューティー

2017年は簡単ヨガで内側から燃焼するカラダに

内側から燃焼するカラダを実現。2017年の日課にしたい2つの“簡単”ヨガポーズ

Twitter
LINEで送る

お正月休みは美味しいものを食べる機会がたくさんあって、つい自分を甘やかしてしまったという方は少なくないかも。でも何もしないでいると、身体の気になるパーツが今年も悩みの種として残ってしまいます。そこで自宅で簡単にできるエクササイズ(ストレッチ、ヨガなど)を2017年の新たな日課に取り入れてみませんか?

 

第8回は内側から燃焼するカラダに導く“簡単”ヨガポーズです。ヨガは美容やダイエット面での効果が得られるだけでなく、ストレス軽減、疲労回復にも効果的。また実践し続けることで身体全体の柔軟性も増していきます。心身ともに美しい毎日を送るためにも、ぜひ日課にしてみてください。

 

 

 

|ジャーヌシールシャアーサナ

 

 

(1)背筋を伸ばした状態で両脚を伸ばして座る

 

(2)あぐらをかくようなイメージで、片脚をカラダに引き寄せる

 

(3)そのまま前屈をし、腹式呼吸をしながら3呼吸以上キープする

 

※左右それぞれ行います

 

背中が丸まって猫背になっている状態での前屈は効果を発揮しませんので、(3)のとき背中がまっすぐ伸びている状態で前屈するよう心がけましょう。

 

 

 

|ドッグポーズ

 

 

(1)正座の状態から両腕を付き、前傾姿勢になる

 

(2)息を吐きながら膝を立てていく

 

(3)肘と膝を真っ直ぐ伸ばして、腹式呼吸をしながら3呼吸キープする

 

肩に力が入り過ぎて、猫背になっている(背中が丸まっている)状態では効果を発揮しませんので、(3)のとき背中がまっすぐ伸びるよう心がけましょう。

 

 

 

|ヨガの効果を高める3つのポイント

 

ヨガは下記3つのポイントを心がけて実践することで、より効果が高まります。

 

(1)鼻呼吸(最小限にエネルギー消費を抑え、外部からの細菌を取り込まない、リラックス呼吸法)で行う

 

(2)筋肉や内臓、神経レベルに効かせるために、3呼吸以上はポーズをキープする

 

(3)食後すぐには行わず、2時間ほど経ってから行う

 

また、ポーズをとる際は必ず安定した平らな床で行ってください。もし自宅にあれば、ヨガマットを使用することをオススメします。ヨガを毎日の習慣に取り入れて、身も心もキレイをキープしていきましょう♪

 

 

ヨガ監修:TOMOMI


border