columnコラム

お洒落とスタイルアップを両立ユニクロ着こなし

出典:WEAR

お洒落とスタイルアップを両立。着ぶくれ回避【ユニクロ】旬アイテムの着こなしテク

Twitter
LINEで送る

大人コーデに馴染むシルエットのきれいなアイテムが揃う【ユニクロ】は着ぶくれしやすい今の時期こそ上手に取り入れたいもの。そこで今回は今シーズン抑えておくべき旬アイテムをピックアップしつつ、お洒落とスタイルアップを両立する着こなしのポイントをチェックしてみましょう。

 

 

 

|“上半身の華奢見せ”が叶う優秀トップスで温かみを演出

 

冬コーデに欠かせないニットの中でもスタイルアップ効果の高いアイテムが、程良いゆとり感が素敵な「スフレヤーンモックネックセーター」。着るだけで上半身を華奢に見せてくれるとともに旬コーデに仕上がる優秀アイテムです。

 

出典:WEAR

 

ゆとりのあるネック周りとドロップショルダーがエフォートレスな雰囲気を演出。近い色味のボトムスを合わせるだけでリラックス感のあるきれいめワントーンコーデに仕上がります。また、よりスタイルアップした印象を作るためにも、小物を黒で統一してコーデを適度に引き締めるのもポイントです。

 

出典:WEAR

 

今シーズンはメンズのプルオーバーをあえてのオーバーサイズ気味に着こなすのが旬。たっぷりとしたシルエットで今感を引き立てつつボトムスはラップスカートなどでスマートにまとめてメリハリ感を演出してほっそりとした印象を演出しましょう。なお、カジュアル感の強いフリースは使う色味を絞ってきれいめにシフトさせるのがポイント。スニーカーの色味をフリースと合わせるのが洒落見えのコツです。

 

 

 

|スタイルアップ効果抜群の美シルエットボトムスを有効活用

 

着ぶくれしやすいベージュボトムスは、縦ラインがスタイルアップ効果を高めるリブワイドパンツを。それだけでスッキリとした印象の着こなしに仕上がります。

 

出典:WEAR

 

リブワイドパンツの落ち感を活かすためにも、アウターはビッグシルエットのCPOジャケットを合わせて。また、ベージュのように淡色のボトムスを履くときは、トップスをダークカラーにすることで重心が上がりスタイルアップ効果が高まります。なお、カジュアルな雰囲気が強い合わせなので、小物でフェミニンさをプラスするのもポイントです。

 

出典:WEAR

 

スッキリ見せならレギンスパンツも外せません。ラクちんなのにきれいめシルエットに仕上がるのがうれしいポイントです。トレンドライクなざっくりニットを合わせてメリハリコーデに仕上げつつ、チュニック丈の白インナーをレイヤードすることで、気になるヒップをカバー。なお、足元はオンナらしいバレエシューズを合わせてカジュアル感をセーブしましょう。

 

 

 

|ONもOFFも使える“高見えアウター”でシルエットにメリハリを

 

トレンドと高見えを叶える優秀さが魅力のアウターはカジュアルもオフィスも可能なデザインが揃っているので、ぜひONもOFFモ上手に着回したいところ。

 

出典:WEAR

 

まず抑えておきたいのが、ゆったりしたサイジングとドロップショルダーでこなれた印象の「ボアフリースノーカラーコート」。顔周りがスッキリとするノーカラーのデザインは、カジュアルすぎない大人の着こなしを愉しみたいシーンにハマります。ハイライズデニムを合わせつつ、黒アイテムでまとめて高見えスタイルを完成させましょう。

 

出典:WEAR

 

メンズのフリースシャツジャケットをCPOジャケット風に着こなせばかなりのお洒落上級者。シルエットにメリハリが付けやすく、着痩せも即叶います。着こなしのポイントはジャケットとボトムスの色味を統一してラフになりすぎないきれいめカジュアルに仕上げること。また、きちんと感のあるデザインの小物をチョイスしたり、大ぶりアクセを合わせたりとオンナらしい着こなしを心がけましょう。

 

 

重ね着や重見えする素材感を着用する機会の増える今の時期は、着ぶくれさせないことがコーデの重要ポイント。ぜひユニクロの旬アイテムで冬のワードローブを充実させて、洗練された温かみ感じるお洒落を愉しんでくださいね。<top image出典:WEAR


border