beautyビューティー

お腹&背中の引き締めを一挙に。ムチッと感のない【細見えボディ】を作る簡単習慣

Twitter
LINEで送る

常に軽やかな印象を周りに与えたいものですが、重要になるのが正面からの見た目だけでなく“横姿”や“後ろ姿”。実は余分なお肉はお腹周りだけでなく背中周りにもついています。そこで効率良くお腹も背中も一挙に引き締めるためにも習慣にしたいのがピラティスの簡単エクササイズ【ブレストストローク・ピラティス】です。

 

 

 

【ブレストストローク・ピラティス】

 

平泳ぎのような動きで行うエクササイズで、腹筋や体幹(お腹周り)の他、脊柱起立筋や広背筋(背中)、さらには上腕三頭筋(二の腕)と様々な筋肉を一挙に強化できます。

 

 

(1)床にうつ伏せになって両手を体に添える

 

(2)息を吸いながら、両手を頭の方へ伸ばす ※意識をお腹に向けます

 

(3)息を吐きながら、両手を円を描くように大きく回して(1)の姿勢に戻る ※呼吸は胸式で、吐いたときにお腹を絞るイメージ。その際、顎を引いて頭頂部を斜め上に引き上げます

 

(4)(2)、(3)の動きを繰り返す ※最初は10回程度を目安に実践しましょう

 

 

なお(2)と(3)の動作時に「顎が上がって身体が反ってしまう」(下写真)と首や腰を痛めてしまいます。身体が反らないように「常に顎を引くことを意識」して実践してください。

 

 

また、慣れてきたら(2)〜(3)の手の動作の回数を増やしていきましょう。

 

 

ピラティスは正しい呼吸法で、正しい骨格を意識しながら体幹を整えていくエクササイズなので、骨盤の歪みや肩こりの改善・基礎代謝アップにより痩せ体質のカラダづくりができるのはもちろん、自律神経の乱れや血流の改善効果も期待できます。ぜひ1日の習慣に取り入れて、ムチッと感のない細見えボディに近づいていきましょうね。<photo:Akihiro Itagaki ピラティス監修:KANA(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border