beautyビューティー

華奢見えのポイント薄いお腹に導く簡単習慣

くびれを育てる1日1セットの美習慣。お腹周りのたるみの引き締めに効く簡単エクサ

Twitter
LINEで送る

しなやかで女らしいボディラインを叶えるために“くびれ作り”は避けては通れない課題の1つ。お腹周りのたるみは肌やボディラインの露出の多い装いでなければ多少ごまかせますが、存在するだけで気分も晴れないものです。

 

そこで役立てたいのが、“くびれ作り”に重要な「腹斜筋」を鍛える簡単エクササイズ【ニートゥチェスト】。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【ニートゥチェスト】

 

実践する際は安全に行うためにも座面が回転しない安定感のある椅子を使用してください。

 

(1)背筋を伸ばして浅く椅子に座り、右手を頭の後ろに当て、左手はお腹に添える

 

 

 

(2)体を左側に捻りながら膝を上げ、右ひじが左膝と胸の位置くらいで合わさるように体をねじる


(1)~(2)の動きを1回とカウント。回数は1セット10回、まずは1日1セットを目標に左右それぞれ実践しましょう。

 

 

【ニートゥチェスト】は「背筋をまっすぐキープすることを意識しながら、膝からひじに近づけること」が効果をしっかり得るためのポイントになります。

 

 

上写真のように膝を上げきらずに肘から膝に近づけてしまうと姿勢が崩れて十分な効果が得られない上に、体を痛めてしまう原因にもなりますので注意してください。

 

 

シンプルな動きですがしっかり腹斜筋に負荷がかかる運動ですから実践し始めたばかりの時期はツラいと感じるかもしれません。しかしながら続けていくことで徐々に鍛えた部分が強くなっていき、日を追うごとに楽に行えるようになっていくのも実感できるはず。ぜひ注意点を心がけながら実践して、くびれを備えたほっそりウエストをキープしていきましょうね。<photo:Akihiro Itagaki model:AO エクササイズ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border