beautyビューティー

ぽっこり&三段腹を予防◎ 体の内側からほっそり【お腹の凹ませ】に効く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

今シーズンもスタイルアップを期待できるウエストマークするコーデが人気ですが、ほっそりとした印象のシルエット作りにはスッキリとしたお腹周りのキープは必須となります。そこで習慣に採り入れたいのが「体幹」や「腹斜筋」を強化して体の内側からお腹を凹ませるヨガの簡単ポーズ【ヴァシスターサナ】です。

 

 

 

【ヴァシスターサナ】

 

「サイドプランク」とも呼ばれるこのポーズはお腹ぽっこり&三段腹の予防に効果的。さらに「内転筋」の強化もできるので、贅肉の付きやすい太もも内側の引き締め効果も期待できます。

 

 

(1)床に四つん這いになり、腕立て伏せの姿勢になる

 

(2)そのまま片腕で立ち、胸を開く意識で、もう片方の腕を天井方向に真っ直ぐ引き上げてゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

 

反対側も同様に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「腕を上げ切った時に腰の位置を下げない」「胸を真正面に向けたままキープする」の2つがポイント。腰の位置が下に落ちて胸が真正面に向いていない姿勢(下写真)にならないように注意しましょう。

 

 

また、このポーズの実践が難しい方は、両肘を床に着いて腕立て伏せの姿勢になって、そのまま片方の肘を着いたまま上半身を起こす体勢(下写真)で行ってください。

 

▲空いた手は腰に置く形でOKです

 

リラックス効果も高いヴァシスターサナは就寝前などのくつろぎ時間に実践するのがオススメ。実践し続けることでお腹周りの柔軟性も増していきます。ぜひ習慣にして、お腹ぽっこり&三段腹の予防とお腹の凹ませに役立ててくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)>


border