beautyビューティー

ウエスト−5cmを目標にトライ!くびれを育みつつ【お腹の凹ませ】が叶う簡単習慣

Twitter
LINEで送る

ボディラインの印象を決定付けるお腹周りですが、ほっそりくびれたお腹はまさに理想とするところ。そこで習慣に採り入れたいのが、お腹周りの引き締めとくびれ作りが同時に叶うピラティスの簡単エクササイズ【ソー(のこぎり)】です。体幹の強化も叶うので、基礎代謝が高まりいつの間にか“痩せる”理想的な体をめざせます。

 

 

 

【ソー(のこぎり)】

 

主にウエスト周りや太ももを強化するエクササイズです。背中周りの筋肉の強化にもつながるので、猫背などの姿勢の改善にも効果的。なお、呼吸は“胸式呼吸”で行います。

 

 

(1)骨盤を立て背筋を伸ばして床に座って両脚を無理のない自然な位置で開き、両腕を水平に伸ばす

 

▲お腹には常に力を入れておきます

 

 

(2)一旦息を吸い、息を吐きながら上半身をねじる

 

▲両脚と骨盤が動かないように注意しながら行い、ねじったら背骨を引き上げて鼻から息を吸います。

 

 

(3)一旦息を吸い、息を吐きながら左手を右脚のつま先へ、右手を後方に持っていき、さらに上半身を深くねじる

 

 

 

(4)息を吸いながら上半身を(1)の位置に戻し、反対側も同様に(2)、(3)を行う

 

 

 

“1日あたり左右各5回を目標”に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「常にお尻を床につけたまま行うこと」がポイントです。

 

▲上写真のようにお尻が浮いてしまうと期待する効果を得られません

 

ピラティスのエクササイズは「正しいフォームで実践すること」「動きと呼吸を連動させること」の2つが重要とされています。最初は無理をせず目標回数を達成することから始めて、痩せやすい体をつ売りつつ、理想とするくびれた細ウエストを手に入れてくださいね。<photo:カトウキギ ピラティス監修:YUKI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴2年)>


border