columnコラム

出典:WEAR

“抜け感”をポイントに。オンナ度高めにキマる【大人の真冬コーデ】簡単HOW TO

Twitter
LINEで送る

冷え込みの厳しさからついついたくさん着込んでしまう方は少なくないと思いますが、オンナらしさをキープするためには“抜け感”の演出がキー。ちょっとしたシルエットや素材感の違いで季節感を大切にしながらフェミニンな魅力も引き出したいところです。そこで今回はオンナ度高めに【大人の真冬コーデ】を愉しむコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|ゆるめサイジングのニットで“大人の余裕”を

 

体が泳ぐくらいのゆったりしたサイズのニットは大人の余裕を演出するために欠かせないアイテム。今シーズンは厚手すぎない素材がオススメです。

 

出典:WEAR

 

程良く肌見せできるボートネックならオンナらしさを印象付けることができます。落ち感のあるスカートにゆるくフロントインして、リラックスした雰囲気に仕上げるのがポイント。また、全体をワントーンの配色でまとめると落ち着いた雰囲気を醸せます。

 

出典:WEAR

 

適度な抜け感を生むには肌見せが肝心。肌の露出が控えめになるタートルネックなら手首見せがオススメです。前後差のあるスリット入りニットにデニムパンツを合わせたカジュアルコーデも、手首を肌見せすることで抜け感がUP。また、全体を優し気な色味でまとめることでオンナらしい雰囲気も高まります。

 

 

 

|とろみ素材のボトムスで“エフォートレスなお洒落”を

 

とろみ感のある素材のアイテムはエフォートレスな雰囲気を高めてくれますが、採り入れるなら面積の広いボトムスがオススメです。

 

出典:WEAR

 

カジュアルな着こなし程、とろみ素材が醸すフェミニンさが光ります。ざっくりニット×スニーカーのラフな着こなしも、とろみ感のあるサテンプリーツスカートでエフォートレスにクラスアップ。また、コーデ全体の色味をワントーンでまとめることでリラックス感も演出できます。

 

出典:WEAR

 

ほんのり光沢感のあるカシュクールパンツで立体感を演出すると着こなしに表情が生まれてこなれた大人スタイルにクラスアップ。色味のなじむゆるめニットを合わせれば、気取りすぎない上品カジュアルに仕上がります。ニットはフロントインして、シルエットの立体感を強調するのがポイントです。

 

 

 

|思いきりオーバーサイズで“あえてアンバランス”に

 

メンズアイテムをはじめ、少しアンバランスとも思えるようなオーバーサイズのアイテムを採り入れるのもオススメ。華奢感が引き立ち、よりオンナらしい雰囲気を醸せます。

 

出典:WEAR

 

メンズライクなオーバーシルエットのフライトジャケットをフェミニンな花柄ワンピースに肩掛けすることで、グッとオンナらしい雰囲気に。アウターに揃えるようにワンピースも黒ベースを選ぶことで、モードっぽい差の付く着こなしに仕上げましょう。

 

出典:WEAR

 

トレンドのCPOジャケットも思い切りオーバーサイズを選んで、肩がけにしてゆるめに着こなすのがオススメ。コントラストが効いて華奢な印象が際立ちます。CPOジャケットは淡いカラーをチョイスすることがオンナらしく着こなす鍵です。

 

 

このように、程良い肌見せや素材とサイジングでシルエットにゆとりを持たせることが、やりすぎ感のないフェミニンな真冬コーデを愉しむコツでし。抜け感のある装いはコーデのマンネリ防止にもつながるので、ぜひ着こなしの参考にしてみてくださいね。<top image出典:WEAR


border