columnコラム

出典:WEAR

着ぶくれ感もマンネリ感もなし。スタイリッシュに【ボアアウター】を着こなすポイント3つ

Twitter
LINEで送る

今シーズンのトレンドアウターとして真っ先に挙がる【ボアアウター】ですが、ボリューム感の出る分、着ぶくれもしやすいのが悩みどころ。また、カブり率も高いアイテムでもあるため、コーデのマンネリを防ぐためにも着こなしでお洒落に差を付けたいものです。そこでお洒落に着回すポイントを改めてチェックしておきましょう。

 

 

 

|シルエットを縦長に見せてスタイリッシュに

 

素材的に膨張して見えがちなボアをニットと組み合わせてもすっきり見せるには縦長シルエットに仕上げるのがポイント。ニット帽で高さを出してみるのも一手です。

 

出典:WEAR

 

ニット帽をプラスし、さらにインナーのニットをウエストインすることで目線を上げつつ上半身がコンパクトにまとまるので、縦長な印象に見せる効果を得られます。なお、ベージュのボアアウターの場合カジュアルな印象が強くなってしまいがちなので、気持ち濃いめのメイクにしたり、大振りアクセを合わせて顔周りを華やかにするのもお洒落に差を付けるポイントです。

 

出典:WEAR

 

また、ボアアウターが明るめカラーの場合は、それ以外を濃いめのトーンでまとめるのもオススメの一手。のっぺり見えしないようにブリーツスカートのように立体感を演出するアイテムや素材感の引き立つ小物を上手に合わせましょう。なお、ボアアウター自体も深めのVラインを選んでおくと、自然と大人びた雰囲気を演出できます。

 

 

 

|大人の洗練カジュアルを愉しむなら“ブラック×ロング丈”で

 

ボアアウターを洗練された大人カジュアルに昇華させるなら、断然ブラックを選びましょう。さらにロング丈であればカジュアルさを程良く抑えることができるので、上品に着こなせます。

 

出典:WEAR

 

洒落見えのポイントはフェミニンさを感じさせるアイテムをアクセントとして採り入れること。足元にレザーシューズ×白ソックスを合わせたり、トレンドのアニマル柄バックやラメアイテムを合わせてみましょう。また、シースルー素材のブラウスとタートルのレイヤードも今シーズンらしくてオススメです。

 

 

 

|異素材を上手にミックスして周りと差別化

 

今シーズンらしさ満点のボアアウターはトレンドカラーのブラウンも外せませんが、感度高めに仕上げるなら、光沢感のある素材のアイテムをアクセントに採り入れるのがお洒落に差を付けるポイントです。

 

出典:WEAR

 

採り入れやすいのがシューズ。スニーカーだと思い切りカジュアルに振れてしまうので、レザーやベロアなど光沢感のある素材のパンプスを合わせるだけでOK。スタイリッシュな雰囲気を醸して、大人感をグッと引き曲げましょう。

 

出典:WEAR

 

また、ボアの素材を生かした異素材ミックスのデザインアウターも存分に活用したいところ。どちらかというとカジュアルな印象のアイテムになってしまうので、ワイドパンツやロングスカートなどボトムスにはきれいめアイテムを合わせましょう。パールやゴールドなどシンプルながら大人感を醸すアクセや、アニマル柄の辛口アイテムを採り入れると、さらに洒落感が引き上がります。

 

 

まだまだ寒い日が続くからこそ、ワンランク上の着こなしテクは改めて復習しておきたいところ。ぜひ参考にあったかコーデを満喫してくださいね。<text:Chami top image出典:WEAR


border