columnコラム

大人カジュアルをワンランクUP【トングサンダル】で足元からちょっぴりモード気分

Twitter
LINEで送る

夏の足元の定番と言えばフラットサンダルですが、何と言っても今シーズン気になるのがにわかに注目を高めている【トングサンダル】になります。太めのバンドやシャープなカッティングで、ちょっぴりモード感を演出してくれるのが魅力。それでは、お洒落に履きこなすコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|ナチュラルカラーのスタイリングには“ブラウン系”が◎

 

落ち着いた印象のくすみカラーや、ニュアンス配色のコーデに馴染むのが“ブラウン系”です。さり気なくオンナらしさを強調できます。

 

出典:WEAR

 

肌色をキレイに見せるブラウンのワンピースに合わせたのは同色のtitivateの「アインメトリートング ミュールサンダル」。ダークなブラウンが足先を引きしめて細見えさせてくれます。

 

 

 

|ホワイトコーデにエッジを効かせるなら“ブラック”を

 

どんなボトムス&コーデにも合わせやすいのが“ブラック”。中でも今シーズンオススメの着こなしは、濃すぎない配色のコーデに合わせて足元にインパクトをプラスするスタイルです。

 

出典:WEAR

 

Vivianの「アシメトングカジュアルコンフォートサンダル」は足元をかっこよく彩るスムース調素材と厚みのあるソールが魅力。シャツワンピと涼やかなリネン素材のパンツで統一感を高めたホワイトコーデに黒のシャープさをさり気なくプラスするだけで大人モードな印象に仕上がります。

 

 

プリントTシャツ×ストレートデニムのワントーンカジュアルも、サンダル選びにこだわるだけでメリハリがつきグッとお洒落度がUPします。

 

出典:WEAR

 

太めの白パンツにFabby fabbyの「ベタトングサンダル」を効かせて足元のボリューム感を強調することでほっそりとした足先を演出。多層ソールとスクエアトゥデザインが高見え度バッチリです。

 

 

 

|カラーコーデを引き立てるなら“ホワイト”を

 

“色使い”を主役にしたいスタイリングには足先になじむ“ホワイト”がオススメ。肌色が美しく見える分、ペディキュアもグッと映えます。

 

出典:WEAR

 

トレンドライクなグリーンのプリーツスカートにniko and…の「オリジナル差し込みトングサンダル」を添えて上品な足元に。流行中のメッシュベストやベルトを駆使したレイヤードカジュアルを邪魔せず、程良い大人感をキープできます。

 

きちんと感抜群のブラウン×ブルーでまとめたスタイルも、ホワイトのトングサンダルを合わせるだけでコンサバすぎないきれいめカジュアルに。

 

出典:WEAR

 

1枚でレイヤード風に着られるノースリーブニットを、しなやかな光沢素材が目を引くチャイナパンツに合わせたキレのあるコーデにKBFの「トングサンダル」を合わせて明るいアクセントをON。サンダルのバンドとソールの色をひろったバッグを合わせると統一感もさらにアップします。

 

 

トングサンダルと聞くとビーチサンダルを思い浮かベル方も少なくないと思いますが、親指だけにリングストラップがついていたり、アシンメトリーなバンドで足をホールドできて歩きやすかったりと、お洒落とラクちんを両立できるアイテムが今シーズン豊作です。ぜひお気に入りを見つけて、足元のお洒落をさらに愉しんでくださいね。<top image出典:WEAR


border