columnコラム

出典:WEAR

季節感のシフトをはじめるなら。春めく【パステルカラー】でコーデをアップデート

Twitter
LINEで送る

そろそろ春らしい着こなしが気になる季節とは言え、まだまだ風の冷たさが残る時期。そんな時期だからこそ色使いで季節を先取りしつつコーデをアップデートさせるのがお洒落のコツです。中でも即採り入れたいのが2020春ラインナップが豊富な【パステルカラー】。いつものコーデに投入して季節感のシフトをはじめましょう!

 

 

 

|春らしい爽やかなアクセントを加えるなら“グリーン系”を

 

今春に向けて真っ先に抑えておきたいのが、爽やかで清潔感のある“グリーン系”のパステルカラー。投入するだけで一気に旬顔になれます。

 

出典:WEAR

 

昨シーズンから人気の続くブラウン・ベージュ系とも馴染みが良く、春らしさが一気に高まるのが魅力。表情のあるワッシャープリーツスカートで取り入れれば、冬っぽいコーデにオンナらしい軽やかな表情が生まれます。

 

出典:WEAR

 

一気にシーズンムードを高めるなら白のアイテムと合わせましょう。ガーリーなマキシ丈ワンピースもパステルグリーンなら甘くなりすぎず、程良い大人感をキープできます。ざっくりニットカーデや巾着バッグも白で統一し大人可愛くキメちゃいましょう。

 

 

 

|きちんと感を醸すなら“ブルー系”を

 

きちんと感の欲しいオフィスコーデなど、大人っぽく知的な印象作りには“ブルー系”のパステルカラーがオススメ。パステルカラー初心者さんでも採り入れやすいのも特徴です。

 

出典:WEAR

 

ブラウンのムートンコート×ブーツの冬らしい組み合わせに、パステルブルーのニットと白ボトムスを合わせて軽やかさをプラス。インの着こなしを淡い色味でまとめることで、シルエットのメリハリが強調され、着痩せ効果も高まります。

 

出典:WEAR

 

トレンドのカラーパンツも“ブルー系”のパステルカラーを1本抑えておきましょう。着回し力が高く、オンオフ活用できます。特にセンタープレス入りのパンツなら、適度なかっちり感で大人っぽく着こなせるはず。全体を淡い色味でフェミニンにまとめつつ、ダークカラーの小物でしっかり引き締めて大人感をしっかりキープしましょう。

 

 

 

|大人の余裕を演出するなら“パープル系”を

 

ちょっぴり大人っぽく、かつフェミニンさを醸すパステルカラーコーデを愉しむなら、パープル系のパステルカラーは外せません。

 

出典:WEAR

 

白シャツ×ウールパンツのかっちりしたオフィススタイルにパープルのノーカラーコートを羽織ってレディ感をプラス。パープル系のパステルカラーはシックな冬カラーとも好相性なので、きちんと感をキープしながら柔らかい雰囲気にコーデを演出してくれます。

 

出典:WEAR

 

甘い雰囲気がありながらも大人っぽくコーデを仕上げるなら、少々ピンクがかったパープル系のアイテムを投入しましょう。秋冬っぽい素材感のパンツも、パープル系のパステルカラーなら春先の雰囲気にぴったりマッチ。ホワイト系カラーと合わせて優しい雰囲気にまとめれば、パンツの印象が引き立てつつきれいめにまとまります。

 

 

春らしいムードが作れるだけではなく、フェミニンな印象になるのがパステルカラーの魅力。しかも派手すぎないので、オフィスはもちろんデートスタイルにもマッチするので、ぜひ上手に採り入れて季節の変わり目をお洒落に乗りきっていきましょうね。<top image出典:WEAR


border