columnコラム

色のトーン&分量がポイント【ユニクロ】大人映えする“ピンク”の着こなしテク

Twitter
LINEで送る

春になってコーデに採り入れたくなるピンク系のカラーですが、「可愛すぎない?」、「子供っぽく見えそう?」というイメージがある方は少なくないはず。ピンクを大人っぽく着こなすポイントは色のトーンと分量です。そこで今回は、なかなかトライできない方でも手を出しやすい【ユニクロ】のピンクアイテムをピックアップ。大人映えする着こなしテクをチェックしてみましょう。

 

 

 

まずはボトムから採り入れてみる

 

ピンク初心者さんをはじめ、まずはボトムから採り入れるのがオススメ。オフィスも可能なきれいめシルエットのパンツなら、カジュアルダウンしてもどこかきちんと感のある着こなしを愉しめます。

 

出典:WEAR

 

スタイルアップも叶うワイドパンツは、目線を上に集めるのがキレイに着こなすポイント。トップスのボーダーの色味でアウターや小物をまとめればシンプルなコーデでいながら洗練度もグッと高まります。

 

出典:WEAR

 

ロング×ロングは落ち感のあるアイテムを選ぶことで大人っぽく着こなせます。ほんのり透け感もあるドレープの効いたロングスカートは特にオススメのアイテム。また、軽さを感じさせるように、袖をまくって手首を見せたり、足元をサンダルにしたりと抜け感をプラスするのも大人映えのコツです。

 

 

 

トップス選びはサイズ感&素材をポイントに

 

シンプルなトップスは丈感や素材感にこだわるのが大人っぽい着こなしを叶えるポイントになります。

 

出典:WEAR

 

そこで、あえてメンズアイテムを選んでみるという選択もアリ。今シーズン注目の清涼感のあるリネン混素材のシャツはメンズアイテムということもありピンクの色味も控えめなので、洗練された着こなしが叶います。

 

出典:WEAR

 

ヒップまで隠れるオーバーサイズのシャツも同じくメンズアイテム。ゆとりのあるサイズ感のニットベストを合わせて色を上手に引き算するのがオススメです。また、小物を黒で揃えるという合わせ技で、全体の印象をしっかり締めて大人っぽさを引き立てましょう。

 

出典:WEAR

 

今シーズン人気のプルオーバータイプのパーカーにピンクを持ってくるのもオススメ。パーカーは裾周りのサイズ感がポイント。スタイルアップのためにもウエストから腰周りをさり気なくカバーできるものを選びましょう。また、細かいプリーツの入ったワイドパンツやエッジの効いた小物やシューズと合わせることで絶妙シルエットのコーデに仕上がります。

 

 

一言でピンクといっても、濃淡や素材などによって印象が変わりますし、今シーズンはコーデしやすいくすみカラーのアイテムが取り揃っています。特にユニクロのアイテムはシンプルということもあり採り入れやすいので、ぜひ参考にトライしてみてくださいね。<top image出典:WEAR


border