fashionファッション

合わせるボトムの最適解は?【ユニクロ】定番シャツで2020秋コーデをクラスアップ

Twitter
LINEで送る

インナーから主役アイテムまで季節に合った着回し自在なアイテムと取り揃う【ユニクロ】は秋の出来リーコーデでも大活躍。特にきれいめもカジュアルも対応できるシャツは秋コーデにハズせない定番アイテムとなっています。そこで今回はトレンド見え&スタイルアップを狙うべく、シャツ×ボトムの最適解をチェックしてみましょう。

 

 

 

(1)白シャツ×濃いめブラウンのフレアパンツ

 

ハイネックのトップスに白シャツを羽織って濃いめブラウンのフレアパンツを合わせたスタイルは秋らしさ満点。

 

出典:WEAR

 

丈感もちょうど良い「リネンブレンドスタンドカラーチュニック」にセンタープレス入りのフレアパンツを合わせたスタイルはスラリとシルエットで美脚度も高いのも魅力です。インナーをウエストインして腰高に見せるのがポイント。また、パンツの濃いめブラウンとリンクさせたハンドバッグを合わせてクラシカルな雰囲気を醸すとトレンド感も引き上がります。

 

 

 

(2)グレーシャツ×黒ニットパンツ

 

同じシャツでも羽織らずにボタンをすべて留めると印象ががらりと変わります。

 

出典:WEAR

 

丈感もちょうど良いグレーの「リネンブレンドスタンドカラーチュニック」に脚のラインにフィットする黒のニットパンツを合わせれば美脚シルエットを引き立てるスタイルに仕上がります。クリアトートやサンダルなど合わせる小物すべてを黒でまとめることで大人感をグッと引き上げましょう。

 

 

 

(3)白シャツ×オレンジのテーパードパンツ

 

白シャツでも、ボトムのカラーやトーンによって印象が変化。特に2020秋はテラコッタ系との合わせがオススメです。

 

出典:WEAR

 

バンドカラーのシアーシャツに、テラコッタオレンジのリラクシーなテーパードパンツを合わせれば大人ヘルシーな配色に。インナーにリブ素材のタンクトップを合わせてデコルテを強調すれば顔映りの良い大人スタイルに仕上がります。なお、白系やベージュ系で小物を揃えることでパキッとしたボトムスのカラーを馴染ませて、さり気なくお洒落をアピールしましょう。

 

 

 

(4)ネイビーシャツ×グリーンのハイウエストパンツ

 

知的な印象を演出できるネイビーのシャツは好感度大。どんなカラーのボトムスも合わせやすいのが魅力ですが、2020秋はこっくりとしたグリーン系が特にオススメです。

 

出典:WEAR

 

ハイウエストのグリーンのタックパンツにインナーをウエストインして「シアーバンドカラーシャツ」を羽織ったスタイルはほんのりクラシカルなテイストを感じさせます。パンツのシルエットは少々ルーズでも存在感のある色同士の組み合わせですっきりとした印象に。程良く肌見せしつつ上品にまとめましょう。

 

 

リネン混の生地や透け感たっぷりのロングシャツなど、着丈、素材感、シルエット、ディティールも豊富なユニクロのシャツ。ぜひ上手な着こなしでシンプルながらお洒落度の高い秋コーデを満喫しましょうね。<top image出典:WEAR


border